外交部(外務省)の華春瑩報道官は30日の定例記者会見で「中国側はTHAAD問題における韓国側の発言を重視している。韓国側が約束を具体的に実行し、問題を適切に処理して、中韓関係が平穏で健全な発展の道に早期に戻る後押しをすることを望む」と表明した。

写真拡大

外交部(外務省)の華春瑩報道官は30日の定例記者会見で「中国側はTHAAD問題における韓国側の発言を重視している。韓国側が約束を具体的に実行し、問題を適切に処理して、中韓関係が平穏で健全な発展の道に早期に戻る後押しをすることを望む」と表明した。

【記者】韓国の康京和外相が30日午前、国会質疑で「米国のミサイル防衛体制に加わらないという韓国政府の既存の立場に変更はない」「韓米日安保協力が三者軍事同盟に発展することはない」「THAADの追加配備は検討していない」と表明したことについて、コメントは。

【華報道官】中国側はこの3点の発言を重視している。中国側は米国によるTHAADの韓国配備に一貫して反対している。韓国側が上述の約束を具体的に実行し、問題を適切に処理して、中韓関係が平穏で健全な発展の道に早期に戻る後押しをすることを望む。(提供/人民網日本語版・編集NA)