週末の渋谷ハロウィンの様子

写真拡大 (全19枚)

日本、特に渋谷のハロウィンには、外国人が多く訪れるようになっているのは、広く報道されている通り。

【【街頭レポート】渋谷のハロウィン、なぜ外国人が集まる?の画像・動画をすべて見る】

大晦日のカウントダウンと同じく、仮装をして街中を練り歩く近年のハロウィンが、日本の一大行事として認知され始めているからだ。

10月31日当日はもちろん、週末も盛り上がる日本のハロウィンだが、今年は台風の影響で土日は大きく天候が崩れた。そんな中でも、多くの外国人が仮装をして参加していた。

撮影・通訳:和田拓也 執筆・編集:新見直

外国人は渋谷のハロウィンをどう見てる?

日本に住んで1年半というフランス人の男女は、「スター・ウォーズ」の仮装でセンター街を歩いていた。

フランスと言えば日本のアニメ・漫画が人気という印象もあるが、2人は特に以前からコスプレ趣味があったわけではない。コスプレにチャレンジするのは、ディズニーランドに行く時だけ。

では、なぜ渋谷のハロウィンに参加したのか? 彼らが言うには「渋谷のハロウィンはとにかくクレイジーだから」だという。

フランスでも渋谷のハロウィンは報じられているためその存在は知られていて、2016年に初参加して驚いたと語る。ただ、やはり雨の影響か人が少なく「去年の方がクレイジーだった」と残念がっていた。

「ドラゴンボール」のピッコロと魔人ブウの格好をしていたのは、ペルー人女性とスペイン人男性。

スペイン人男性はそれまで日本のハロウィンについては特に知らなかったが、ペルー人女性は「外国人向けの東京案内サイトで見て知っていた」そうだ。

初めて参加した感想については「もっと人がいると思っていた」としながら、「屋内で集まってパーティーを開くスペインのスタイルとは違って、街を歩き回るのが楽しい」と笑顔。

海外旅行に行く際にネットで下調べをしたことのある人からわかるはずだが、その国の観光情報を検索すると、ヒットするのは「海外のおすすめ観光スポットまとめ」といったページだ。

同じように、外国人が日本の観光スポットやイベントを検索すると、近年ではハロウィンが紹介されることが増えてきていることが、その背景にはある。

SNSでも渋谷のハロウィンは話題

2015年にも渋谷のハロウィンに参加したことがあるというオーストラリア人女性もいた。

向こうでも、TwitterやFacebook、インスタといったSNSやメディアで報道されているのを目にした彼女は、自国ではハロウィンパーティーはあまり定着していないので驚いたという。

もちろん、欧米圏だけではなく、アジアからの参加者も多い。

1年前から日本に留学してきたという台湾人の女性は、「留学生の間でも、渋谷のハロウィンは有名。そもそも台湾にはハロウィンを祝う習慣がない」とした。この日も留学生仲間10数名と訪れていたが、31日当日にもリベンジするという。

英語の教師として日本に住んでいるフィリピン人女性2人組も「外で楽しむ渋谷のハロウィンは、フィリピンでもクレイジーで有名」だと口を揃えて言う。フィリピンもハロウィンは部屋の中でお祝いされるため、やはり野外で騒ぐ日本のハロウィンを珍しがっていた。

最後は、センター街のコインロッカーで佇んでいた、ガイコツメイクと血糊メイクがキマっているモンゴル人男性と中国人女性に話を聞いた。

中国はもちろん、モンゴルでも「渋谷のハロウィンはよく知られている」。中国では、やはり特にインスタ経由で日本のハロウィンの様子が伝わっているようだ。

アメリカ・NYのハロウィンも仮装して街中を練り歩くパレードはよく知られていて、野外でハロウィンを楽しむのは何も日本だけではない。

しかし、少なくとも世界からは「謙虚で慎ましい」というイメージが定着している日本だからこそ、欧米と肩を並べるほどのハロウィンの大騒ぎっぷりが物珍しさに拍車をかけているようだ。

いよいよ本日10月31日はハロウィン本番。警視庁からも多数の人員が動員され交通規制が敷かれている中、今年はどのようなお祭りが繰り広げられるのか。

土砂降りの週末、渋谷ハロウィンの様子