30円ほどでチョコレートとビスケットのハーモニーを気軽に味わえるお菓子ブラックサンダーシリーズに新たに2017年10月31日(火)から「ブラックサンダーティラミス」が登場、全国のローソンで先行販売されることになりました。今回は初のスイーツ系サンダーとなっており、ブラックサンダー特有のザクザクとした食感はそのままに、ほろ苦いコーヒー味のスポンジケーキを混ぜ込むことで「『ザクザク×しっとり』とした新食感が楽しめる」とのこと。一体どのような食感に仕上がっているのか、さっそく食べてみることにしました。



早速、「ブラックサンダーティラミス」(税込み43円)を買ってきました。レギュラーのブラックサンダーは税込み32円なので、値段が11円高い事になります。「お手軽に優雅なお嬢様気分が味わえる」のがコンセプトなので、パッケージ全体がレースの模様で縁取られており、左下には「お嬢様、デザートですわよ!」というフレーズが書かれてあります。右側には断面とティラミスが描かれており、「ほろにがコーヒーケーキ入り」の吹き出しでなんとなく味を想像することができます。



左に「ブラックサンダーティラミス」、右に、レギュラーのブラックサンダーを置いてみました。「ブラックサンダーティラミス」は茶色がかった白色を基調としたパッケージ、レギュラーのブラックサンダーは黒いパッケージと、色合いがまったく違うのが良く分かります。



名称は準チョコレート菓子、原材料はレギュラーのブラックサンダーにない「コーヒーケーキ」「チーズ風味チャンク」「マスカルポーネチーズパウダー」が目につきます。



カロリーは1本あたり140kcalで、レギュラーのブラックサンダー112kcalと比べて、28kcalほど高くなっています。



パッケージから取り出してみると、チョコレートが隙間無くコーティングされており、レギュラーのブラックサンダーと比べて、表面のデコボコが小さくなっています。



左がブラックサンダーティラミス、右がブラックサンダー。レギュラーのブラックサンダーと比べて、チョコのコーティングのデコボコが少ないことがはっきりわかります。この差がどれだけ食感に差を与えているのかが気になるところ。





食べてみると、ブラックサンダーに比べて食感がしっとりと柔らか、チーズの塩気がチョコを引き立ており、マスカルポーネチーズとチョコで濃厚な味になっています。左側の丸いのがビスケット部分で、右上にある四角いのがマスカルポーネチーズです。全体的にマスカルポーネチーズとコーヒーの香りが漂い、濃厚な味ながら上品なお菓子となっています。