アニメ監督・宮崎駿氏が新作の長編アニメを制作することが明らかになったが、中国のネットユーザーは喜びの声とともにツッコミを入れている。写真は三鷹の森ジブリ美術館。

写真拡大

2017年10月29日、中国メディア・新浪によると、日本のアニメ監督・宮崎駿氏が新作の長編アニメ「君たちはどう生きるか」を制作することが明らかになった。

完成は3〜4年後と予想されているが、宮崎氏が再び新作を制作することに、中国のネットユーザーは喜びの声とともに、ツッコミを入れている。

「あれれ、また?」
「引退すると聞くたびにがっくりくるけど、最後の作品と聞くとやっぱり期待が高まる」
「また復帰したの?うれしいけどね(笑)」
「俺は予想してたよ」

「復帰が日常の宮崎駿氏」
「おじいちゃんがまた復帰した。うれしい〜」
「うれしくて涙が出た!」
「自分も宮崎監督のファン。期待でいっぱい」
「がんばってほしい」

「復帰作に期待してます」
「宮崎駿の映画が大好き」
「期待があふれる」
「すべての作品が名作。新作にも期待しています」
「最後の作品なんてずっと来なくていい」(翻訳・編集/岡田)