画像提供:マイナビニュース

写真拡大

スターバックス コーヒー ジャパンは11月1日、「ラズベリー ホワイト チョコレート フラペチーノ」(税別580円)、「ラズベリー ホワイト モカ」(税別440円〜)を全国の「スターバックス」店舗で発売。この商品はクリスマスらしく、赤いラズベリーがたっぷりと使われている。ひと足先に飲んできたので、その味を紹介しよう。

○フラペチーノはラズベリーの酸味と甘味でご褒美気分!

まずは、「ラズベリー ホワイト チョコレート フラペチーノ」から。こちらはホワイトチョコレートとミルクを混ぜたフラペチーノに、ラズベリーソースとクーベルチュールホワイトフレークを合わせ、最後にホイップクリームとラズベリーメレンゲ、クーベルチュールホワイトフレークをトッピングした一品だ。

ストローをすすってみると、ラズベリーのビビッドな酸味と甘味、ホワイトチョコレートの優しい甘さが融合し、リッチなスイーツを食べたような印象を受ける。何より、ラズベリーソースの甘酸っぱさが新鮮で、このソースだけでもなめていたいくらい。トッピングのクーベルチュールホワイトフレークは、一般のホワイトチョコレートよりもココアバターの量が多く、滑らかな舌触りだ。

○ホットはホワイトチョコとラズベリーの甘味で落ち着く

一方の「ラズベリー ホワイト モカ」は、ホワイトモカシロップとエスプレッソ、ラズベリーソースにスチームしたミルクを注ぎ、フラペチーノ同様ホイップクリームとクーベルチュールホワイトフレーク、ラズベリーメレンゲをトッピングしたドリンクだ。

こちらはフラペチーノと異なり、ラズベリーの酸味は控えめ。その代わり、エスプレッソとホワイトモカのコンビネーションにうまく調和し、果実の甘さがほんのりと味わえた。トッピングのラズベリーメレンゲとクーベルチュールホワイトフレークは、飲んでいるうちにドリンクに溶け込んでいく。ソファーでリラックスしながら飲みたい一杯だ。

これらのドリンクは、11月21日までとかなり短め。なくなり次第終了なので、店舗によっては少し早めに終わってしまうこともあるだろう。ぜひ、ラズベリーとミルクチョコのリッチな味わいで、ひと足早めのホリデー気分を楽しんでみてほしい。