画像提供:マイナビニュース

写真拡大

エイボン・プロダクツはこのほど、「働く女性のストレス」に関する調査結果を明らかにした。同調査は10月12日〜16日、26歳から34歳の有職者の女性1,000名を対象にインターネットで実施したもの。

仕事とプライベートをしっかりと切り替えて生活できていると思うか尋ねたところ、25.5%が「しっかり分けていると思う」、39.4%が「どちらかというと分けていると思う」で、合わせて64.9%が仕事とプライベートは切り替えて生活できていると回答した。

プライベートのストレスの要因について聞くと、最も多い回答は「経済問題」(41.9%)、2位は「人間関係」(39.8%)、3位は「家族関係」(27.9%)だった。

仕事上でのストレスの要因について尋ねると、「給与が低い」(40.7%)が最も多かった。次いで「上司(男性)」(26.8%)、「上司(女性)」(24.2%)、「同僚(女性)」(24.2%)となった。

気にしている肌の悩みを聞いたところ、1位は「毛穴の開き・黒ずみ」(49.8%)、2位は「ニキビ・ニキビ跡・吹き出物」(41.2%)、3位は「乾燥肌」(38.7%)だった。

現在の自分の肌タイプにあったスキンケア商品にめぐり逢えているか尋ねたところ、「めぐり逢えた」は21.3%、「めぐり逢えていない」は30.3%だった。「どちらともいえない」(34.2%)、「わからない」(14.2%)という回答も多く、肌ストレスを解決できるような、納得できるスキンケア商品にめぐり逢えていない女性が多いことがわかった。

スキンケア用品を購入する際、重視する要素は何か尋ねると、最も多かったのは「価格」(60.6%)だった。次いで「肌への安全性」(58.9%)、「機能性」(52.9%)となっている。「SNS映え」と回答した人も2.2%見られた。