「親にとっては、いくつになっても子供は子供のまま」とよく言われるが、どうやら本当のようだ。

というのも、高齢でありながら我が子の面倒を見るために、息子がいる高齢者施設に入所したおばあちゃんが大きな注目を集めている。

介護が必要な息子と同じ施設に

Liverpool Echoが伝えるところによると、英リバプールに住むエイダ・キーティングさん(98)は、80歳の息子トムさんが入所する高齢者施設に自らも入り、あれこれと息子の世話を焼いているという。

トムさんは介護が必要となり、昨年地元の施設に入った。

母エイダさんも、長男の後を追うように同じ施設に入所し、2人は普段一緒にゲームをしたり、ドラマを観たりして仲良く過ごしている。

ちなみに、トムさんは結婚せず、これまでもずっと母と暮らしてきた。

ママはやめられない

子供の頃からそうだったのだろう。今でも母は、寝る前に息子の部屋まで「おやすみ」を言いに行き、朝は「トム、ご飯ですよ〜」と声を掛けているとか。

母が外出すると息子はその帰りを待ち、帰ってきたママを抱きしめる。

「ママはやめられないのよ」とエイダさん。

息子トムさんも、「母と一緒で嬉しい」と話し、「母は私の面倒をよく見てくれます。未だに“お行儀良くしなさい”などと言われることもある」という。

エイダさんの孫も、「2人を離すなんてとんでもない。毎日24時間、お互い面倒を見合っているからこちらも安心」と話している。