スペイシー氏の謝罪の仕方に怒り 少年に性的関係持ちかけ

写真拡大

ハリウッドのスター俳優でアカデミー賞も2度受賞しているケビン・スペイシー氏(58)が30日、30年以上前に当時14歳の子役に性的な関係を持ちかけたと名指しで非難され、謝罪した。しかし、謝罪すると同時にそれまで伏せていた自分の性的指向を公表し、自分はゲイだと明らかにしたため、話題をそらすための方便にカミングアウトを使うなと非難されている。