歌手で女優の知念里奈が11月30日、東京国立博物館 平成館大講堂でデビュー20周年記念コンサート『知念里奈 20th Anniversary Memorial Concert』をおこなう。同公演は昼夜2回公演で、夜の部には、かねてから知念のファンだという、ナインティナインの岡村隆史が出演する。

ナインティナインの岡村隆史

 知念は1996年7月、テレビドラマ『学校の怪談R』(関西テレビ)で芸能界デビュー。同年10月には「DO-DO FOR ME」で歌手デビューも果たした。同曲はナインティナインがパーソナリティを務めるニッポン放送系『ナインティナインのオールナイトニッポン』でも度々オンエアされ、ナインティナインの2人が歌唱しているバージョンもある。

 コンサートでは、さらに岡村のほか、ゲストに、ミュージカル『ジャージー・ボーイズ』で主演を務め、第24回読売演劇大賞最優秀男優賞、第42回菊田一夫演劇賞を受賞、『抜目のない未亡人』(三谷幸喜演出)、『グランドホテル』(トム・サザーランド演出)等多数の舞台に出演、また「女信長」等、出演のみならず楽曲提供という形でも舞台に携わり、テレビでも活動の幅を広げる中川晃教が出演。

 公演は、2017年11月30日に昼夜2回、東京国立博物館 平成館大講堂で上演。自身の楽曲「DO-DO FOR ME」、「Wing」、「precious delisious」のほか、出演舞台から、「命をあげよう」、「I still belive」(『ミス・サイゴン』より)や「On my own」、「夢破れて」(『レミゼラブル』より)など、全16曲の名曲の数々を熱唱する予定。20周年を迎えた知念里奈の、新たな魅力がつまったステージを贈る。