【日本代表コラム】欧州遠征に呼ぶべき4選手…日本代表へのススメ

写真拡大 (全5枚)

▽31日、欧州遠征に臨む日本代表メンバーが発表される。今回の欧州遠征では、最新のFIFAランキング(10月16日発表)で2位につけるブラジル代表と、5位につけるベルギー代表と対戦。どちらもロシア・ワールドカップ(W杯)に出場することが決定しており、日本にとっては現在地を測るためにはこの上ない相手となる。

▽W杯では、4カ国が1つのグループに割り振られるが、基本的に南米+欧州、または欧州の2カ国と同居することになる。ブラジルとベルギーはFIFAランキングでトップ8に入っているため、本大会で同居することはないが、同等レベルの国との対戦は避けられないため、このタイミングでのマッチメイク、さらにアウェイの地で試合が行えることはプラスと考えられる。

▽そんな日本代表は、ケガの影響もあったMF長谷部誠(フランクフルト)やFW岡崎慎司(レスター・シティ)、MF本田圭佑(パチューカ)ら海外組の一部選手を10月の2試合に招集しなかった。上記の3選手ともにクラブチームでは結果を残しており、今回の欧州遠征には復帰する可能性も高いだろう。

▽一方で、ここまでのマッチメイクが今後行えることは考えにくく、12月のEAFF E-1東アジアサッカー選手権のあとは、3月まで試合が行われない予定だ。そうなれば、本大会に向けた選手選考の場が限られている上に、実戦で試す場も限られている。そこで、今後のスケジュールも考え、今回の欧州遠征に招集すべき4選手をピックアップする。

◆MF森岡亮太(ベベレン/ベルギー)
Getty Images
▽まず1人目は、今シーズンからベルギー・ジュピラーリーグに所属するMF森岡亮太だ。今シーズンの森岡は、加入1年目ながらすでにチームの中心として活躍。リーグ戦ではここまで全13試合に出場すると、6ゴール8アシストを記録。チームは9位と振るわない位置にいるが、気を吐いている状況だ。

▽ヴィッセル神戸時代から武器にしていた仕掛けや攻撃センスに加え、得点力にも磨きをかけている森岡。日本代表ではMF香川真司やMF倉田秋が現在の代表では同じポジションになると考えられ、MF清武弘嗣も入る可能性があり、割って入れるかに期待が懸かる。

▽森岡はハビエル・アギーレ監督時代の2014年に代表招集を経験し、ブラジル代表とも対戦している。ベルギーで行われる試合ということを考えれば、3年ぶりの日本代表復帰に期待したい。

◆MF長澤和輝(浦和レッズ)
Getty Images
▽2人目は、ここに来て持ち味を発揮し出色のパフォーマンスを続けている浦和レッズのMF長澤和輝だ。ジェフユナイテッド千葉への期限付き移籍から復帰した今シーズン、ミハイロ・ペトロヴィッチ監督の下では出場機会が得られなかったが、堀孝史監督の下で出場機会を得ると、水を得た魚のように好パフォーマンスを継続している。

▽持ち前の攻撃力に加え、ハリルホジッチ監督が求める“デュエル”の強さを発揮。アグレッシブなプレースタイルも踏まえれば、日本代表のインサイドハーフとしてプレーしているのを見たくなる。12月の国内組で臨むEAFF E-1東アジアサッカー選手権の招集はあり得るが、浦和がAFCチャンピオンズリーグで優勝した場合はクラブ・ワールドカップが控えており、招集は見送られるはずだ。そうなれば、長澤を見る機会がなくなるため、このタイミングでの招集がベストだと考える。

▽専修大学からケルンへ加入し、欧州のサッカーも経験。少し遠回りになったかもしれないが、日本代表としてもキーマンになれる可能性を秘めている。

◆MF中島翔哉(ポルティモネンセ)
Getty Images
▽3人目は、リオ・デ・ジャネイロ オリンピック代表でもあり、今シーズンからポルティモネンセに移籍したMF中島翔哉だ。FC東京から海を渡った中島は、当初フィジカル面の問題が危惧されていた。しかし、蓋を開けてみると持ち前の得点力を発揮。ポルトガル・プリメイラリーガで6試合に出場し、4ゴールを記録している。

▽U-23日本代表時代にも見せていたドリブル突破、仕掛けの部分はトップクラス。激化している左ウイングのポジション争いに名乗り上げるのに十分だ。将来性を考えても、本大会に起用したい世代。欧州遠征という貴重な機会にメンバー入りしてもらいたいところだ。

◆MF南野拓実(ザルツブルク)
Getty Images
▽そして最後は、ザルツブルクで奮闘するFW南野拓実だ。今シーズンはケガもあり、ここまでオーストリア・ブンデスリーガで7試合の出場で1ゴール。過去2シーズンのパフォーマンスを考えると、まだまだ物足りない印象だ。

▽しかし、持ち合わせているポテンシャルの高さは知られた通り。右ウイングに本田を呼ばないのであれば、南野を見たいところだ。ハリルホジッチ監督の下では2015年11月に招集を受けており、2年ぶりの代表復帰に期待したい。

《超ワールドサッカー編集部・菅野剛史》