木村拓哉主演『BG』に江口洋介、上川隆也、石田ゆり子ら主役級ズラリ

写真拡大

木村拓哉主演の新ドラマ『BG〜身辺警護人〜(仮)』(テレビ朝日系、2018年1月スタート 毎週木曜21:00〜)に、に江口洋介、斎藤工、菜々緒、間宮祥太朗、上川隆也、石田ゆり子といった超豪華俳優の出演が決定した。

数々の職業を演じてきた木村が、民間の警護人“ボディーガード”役に初挑戦することで話題の本作。武器を持たず、丸腰のまま危険と隣合わせで任務を遂行する“究極のサービス業”とも言えるボディーガードたちの熱く、泥臭い戦いの日々が濃密に描かれていく。

木村が演じるのは、民間警備会社のボディーガード・島崎章。過去のある出来事をきっかけにボディーガードの世界からは身を引き、工事現場の警備員として生きる島崎は、身辺警護課の新設を機に復帰を決意。自らのキャリアを隠し、一人の“新人ボディーガード”として身辺警護課に着任する。

そんな身辺警護課にはさまざまなメンバーが。斎藤演じる、元自衛隊員のボディーガードで、優秀ゆえに他のメンバーを見下しているフシもある高梨雅也。菜々緒演じる、メンバー唯一の女性ボディーガードである菅沼まゆ。間宮演じる、メンバー最年少のボディーガード・沢口正太郎といった、章と同じようにさまざまな過去を抱えた男女が集う。

そして、そんな個性豊かな新人ボディーガードたちをまとめるのは、上川演じる身辺警護課の課長・村田五郎だ。上川は「煌びやかな出演者が居並ぶ中、艶に乏しい輩が紛れ込んでしまいましたが、鈍色にもそれなりの味わいはあるであろう事に期待しつつ、皆さんと一緒に作品を盛り上げていきたいと思います」とコメントを寄せる。

また、身辺警護課と対立する警視庁SPの落合義明役には江口が決定。木村と初共演となる江口は「落合は常に冷静で感情を表に出さない男ですが、島崎に出会って、どのように変化していくのかを楽しみにしていただけたら。丸腰の民間ボディーガードに対し、常に立ちはだかる強力なライバルとして、相手を圧倒させる存在感を出せたらと思っています。木村さんとは、互いに高い意識の中でどんな火花を散らせるか、撮影に入るのが今から楽しみです」と意気込みを語る。

さらに、警護対象者となる厚生労働大臣・立原愛子を演じるのは、自然体で幅広い層の女性たちから憧れの存在として圧倒的な支持を受けている石田だ。木村とは14年ぶりの共演となる石田は「とてもワクワクしております。井上由美子さんの描かれる世界の中で、立原愛子という政治家として生きることを今からとても楽しみにしております」と、撮影を心待ちにしている。