ジョエル・エンビート【写真:Getty Images】

写真拡大

エンビードがワールドシリーズ第5戦を現地観戦 大きな体を揺らして豪快に応援

 世界最高峰のバスケットボールリーグ、NBAのフィラデルフィア・76ersに所属する若手スター、ジョエル・エンビードが野球場で応援チームを変えて熱狂的に応援する姿が、全米で話題になっている。

 NBAの巨人が、コート外で“大フィーバー”だ。

 2014年にドラフト1巡目3位で指名されたエンビードは故障続きのキャリアを過ごしていたが、実質NBAデビューイヤーとなった昨季31試合に出場。平均20.2得点、7.8リバウンド、2.1アシストをマークし、左膝の半月板損傷で離脱するまでエース級の働きを見せた。今季も全試合に先発出場して平均20得点を超える活躍を見せている。

 そんなエンビードが、束の間の休息で訪れた場所が、米大リーグのヒューストン・アストロズの本拠地であるミニッツ・メイド・パークだった。オールスターのホームラン競争にも駆け付けるなど野球好きな23歳は、29日(日本時間30日)に行われたアストロズ対ドジャースのワールドシリーズ(WS)第5戦を観戦。身長213センチ、体重113キロというフィジカルに恵まれた男が、一般のファンに交じって大きな体を揺らし、応援に全身全霊を注いだ。

ドジャース→アストロズに応援チームを変更 試合後には再びドジャースファン宣言

 注目すべきは、その応援対象だ。試合は5時間17分の大熱戦となったが、MLB公式ツイッターが動画付きで紹介したところによれば、目まぐるしく変わる試合展開に合わせるかのように声援を送るチームを変えたという。

 エンビードは「ドジャースファン」として応援をスタートさせたが、途中で「アストロズファン」に“変身”。延長10回にサヨナラ勝ちを収めて応援は報われる形となったが、試合後には第6戦ではドジャースファンに戻ることを自身のツイッターで明言し、MLB公式ツイッターも“高速変化”を「5戦目で流れが変わった以上に、ジョエル・エンビードは忠実性を変えた」と描写した。ファンからは返信欄に、「彼はスコアやイニング次第でまた変えるだろう」といったコメントが寄せられた。

 観戦でパワーを得たのか、エンビードは翌30日(日本時間31日)に敵地で行われたヒューストン・ロケッツ戦で22得点、9リバウンドと奮闘し、115-107での強豪撃破に貢献した。果たして、宣言通りWS第6戦でドジャースファンとしてスタートするのか、試合中に応援チームを変えるのか。激闘のWSの結果とともに、注目してみてもいいかもしれない。