長崎の新路面電車が舞台、PR動画「輝きの長崎」

写真拡大

長崎市は10月31日、同市が持つ異国情緒あふれる歴史的建造物、史跡や食文化など、観光都市としての“顔”とその魅力をギュッと詰め込んだPR動画「輝きの長崎」(https://www.youtube.com/watch?v=gY5cr-jQCdk)を公開した。

「輝きの長崎」は、長崎市で生まれ育ち、もうすぐ結婚することが決まっている女性が主人公。この動画は、主人公には秘密で家族・友人たちが計画したサプライズを追ったドキュメンタリー動画だ。

サプライズの舞台は、今年4月に運行をはじめたばかりの長崎の新名物・路面電車「みなと」の車内。その中で、突然、彼女の幼少の頃からの写真や家族のメッセージビデオを車内全体に映し出すというサプライズを仕掛けた。「みなと」の向かう先は、出島。そこでは、さらにもうひとつのサプライズが。最後にエンドロールで彼女の育った街、長崎市の見どころを紹介していく。

「みなと」は2017年4月に運行開始した路面電車。JR九州の豪華クルーズトレイン「ななつ星in九州」などで知られる工業デザイナーの水戸岡鋭治氏が、1954年製の車両のリニューアルを手掛けた。長崎市の街並みに馴染む外装や美しい内装を楽しめる。