【元川悦子の日本代表にこの選手を呼べ!】ポルトガルの悪環境で磨いた国際感覚、自分からアクションを起こせる力は代表に必要・金崎夢生

写真拡大

▽10月のニュージーランド(豊田)・ハイチ(横浜)2連戦で低調なパフォーマンスに終始した日本代表。ハイチに引き分けたことでFIFAランクもアジア3位に後退し、12月1日にロシアで行われる2018年ロシアワールドカップドローで第4ポットに入ることが確実視されている。となれば、強敵のひしめく組に入ることも大いに考えられる。日本代表は本番まで残り8カ月でレベルを大幅に引き上げる必要があるだろう。

▽ヴァイッド・ハリルホジッチ監督はもともと欧州組偏重の指揮官だが、10月2連戦で国内組が結果を出せなかったことで、その傾向に拍車がかかると見られる。FW陣を見ても海外経験のない選手はかなり不利。ハイチ戦で代表初ゴールを決めた187僂猟洪FW杉本健勇(C大阪)も当落線上ギリギリだ。大迫勇也(ケルン)、岡崎慎司(レスター)、武藤嘉紀(マインツ)と欧州実績のある面々がひしめくだけに、新たな国内組FWが滑り込むのは至難の業と言っていい。

▽わずかな可能性のある選手がいるとすれば、常勝軍団・鹿島アントラーズのエース・金崎夢生だろう。今季J1では11ゴールと、興梠慎三(浦和)や杉本、小林悠(川崎)より少ないが、彼には2年間の欧州経験がある。13-14シーズン後半のニュルンベルクではあまり出場機会に恵まれなかったが、13年夏に移籍したポルトガルリーグ2部のポルティモネンセでは大黒柱として活躍。屈強なDFを背負ってタフに戦う1トップとしてのプレースタイルはそこで養われたという。

▽目下、中島翔哉もプレーしている同クラブの運営規模は日本のJ3かJFL程度。スタジアムも1万人収容だが、観客はスポルティング、ベンフィカ、FCポルトのビッグ3以外だと1000〜2000人程度しか入らない。絨毯のように美しい天然芝が当たり前の日本とは異なり、ピッチ環境も決して芳しくない。そんなタフな環境下で、金崎はFWとしての経験値を積み重ねてきたのである。

▽「ポルトガルは給料未払いのクラブとかいっぱいある。ポルティモネンセは大丈夫だったけど、選手は厳しい中でも必死にやってる。アウェイもバスで8時間移動したり、勝利給もなかっりしたしね。それでもみんなサッカーが好きで純粋なんだよね。そういう姿を見て、自分も原点に戻れた気がする。自分自身のプレースタイルも変わった。日本はパンパンパス回して展開速くしてってスタイルだけど、向こうはガッツリキープしてってスタイルが多い。そこで鍛えられたのは事実だと思う。日本で対峙する選手とは当たり方も違うし。そこでやらないと生き残っていけない。ホントに必死だったよね」と金崎は当時を述懐したことがある。自分なりに異国の環境に適応しようとアクションを起こし、自身のスタイルを変えていった経験は大きい。自分からアクションを起こせる選手が今の代表には少ないだけに、こういう存在がいてもいいのではないか。

▽そもそも2007年に滝川第二高校から大分トリニータ入りし、19歳だった2009年1月のイエメン戦(熊本)で代表デビューした頃の彼は、切れ味鋭いドリブルから一気にゴール前へ駆け上がっていくイメージが強かった。が、2015年に鹿島に戻ってきた時の金崎は別人のように強く逞しくなっていた。屈強な外国人選手を背負ってもビクともせず、しっかりと起点を作ってゴールに持ち込める。その力強さは大迫に匹敵するほどだ。金崎本人は「大迫はすごくいい選手」とリスペクトを口にするが、仮に彼が日本代表の舞台に立っても同じようなターゲットマンの役割をこなせるはず。そこは特筆すべき点だ。

▽2016年夏に鹿島の石井正忠前監督の采配に不満を爆発させた一件で、ハリルホジッチ監督から「彼の態度は受け入れがたい」と苦言を呈され、そのまま代表から外れる格好になっているが、金崎自身の輝きが衰えたわけではない。昨季のJ1制覇、クラブワールドカップ準優勝という成果、そして今季のリーグ戦での首位独走と、鹿島の快進撃をけん引しているのは紛れもなく彼である。そこはきちんと評価されてしかるべきだ。

▽「ワールドカップ? もちろんチャンスがあれば出たいよ。それより、慎司(岡崎)さんとか清武(弘嗣=C大阪)みたいないい選手と一緒にプレーしたいんだよね。彼らと一緒にピッチに立って、勝ったら一緒に喜んで、負けたら悔しがって、勝つためにああだこうだ言いながら一生懸命やることが好きだから」と本人はつねに高いレベルを渇望しているが、そんな高揚感を最も強く感じられるのがワールドカップの大舞台。そこに手が届く可能性があるのだから、金崎には歯を食いしばって、貪欲に泥臭くゴールを狙い続けてほしいのだ。

▽11月のブラジル(リール)・ベルギー(ブルージュ)2連戦は欧州組主体のメンバー構成になるだろうが、彼には12月の東アジアカップというチャンスが与えられるだろう。そこで強烈なインパクトを残すことが、最終登録メンバー23人に滑り込むための絶対条件。それを視野に入れつつ、今季終盤戦でどこまでパフォーマンスを上げられるかが非常に重要になってくる。常勝軍団の背番号33の一挙手一投足から目が離せない。【元川悦子】長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。