2017年6月に発表された韓国・ヒュンダイのクロスオーバーSUV『コナ』のEVモデル開発車両の充電シーンを初スクープしました。日産『ジューク』やトヨタ『C-HR』などをライバルとするコナがEVとなり、グローバル市場に参戦します。

『コナEV』(仮称)は、エントリーモデルに39.2kwh、トップモデルに64.2kwhの2種の異なるバッテリーパックを搭載、最大航続距離は日産『リーフ』新型の400kmを超える310マイル(約500km)を目標にしているといいます。

エクステリアはフロントグリルに充電器ポートを装備し、エキゾーストパイプを持たないこと以外はガソリンモデルとほぼ同様のデザインになりそうで、ボディサイズも全長4165mm、全幅1800mm、全高1550mmと同じとレポートされています。

ハイテク面では、速度、ナビゲーションなどの情報表示を可能にする、クラス最高精度のへッドアップディスプレイ(HUD)を装備し、Apple CarplayやAndroid Autoに対応するプレミアム・インフォテイメントシステムを搭載します。

「コナEV」ワールドプレミアは、2018年ジュネーブモーターショーが有力です。

(APOLLO)

日産・リーフに徹底対抗!? 航続距離500km狙うヒュンダイ「コナEV」の充電シーンを激写(http://clicccar.com/2017/10/31/525418/)