第1回「ロエベ クラフトプライズ」巡回展が東京に、 21_21 DESIGN SIGHTで展示

写真拡大

 ロエベが主催する「ロエベ クラフトプライズ 2017」の大賞受賞者を含む最終ファイナリスト26人の作品を展示する巡回展 ロエベ「インターナショナル クラフト プライズ」が、 21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー3で開催される。会期は11月17日から30日まで。入場無料。
 「ロエベ クラフトプライズ」は1846年にクラフトの協働工房としてスタートしたロエベの創業形にインスパイアされ、ロエベ ファンデーションとブランドのクリエーティブディレクター ジョナサン・アンダーソンにより2016年に設立。現代に生きる職人たちの新規性や卓越性、芸術的価値を称賛し、クラフトの重要性を高めることを目的としている。 第1回となった「ロエベ クラフトプライズ 2017」では5大陸75カ国のあらゆる年齢層から寄せられた約4,000の応募の中から26人のファイナリストを選出。アンダーソンは「クラフトはロエベの真髄です。メゾンとして私たちは『クラフト』という言葉が持つ最も純粋な意味でモノづくりをしようとしています。そこにこそ私たちの考えるモダニティがあり、クラフトは常に私たちとつながっているのです」とロエベとクラフトの関係性について述べている。 審査員はアンダーソンをはじめ、ヴィトラ創業者のロルフ・フェールバウム、ロエベ ファンデーション名誉会長のエンリケ・ロエベ、プロダクトデザイナーの深澤直人ら各分野で活躍する第一人者によって構成。選考の結果、ドイツ出身のエルンスト・ガンペールの作品「Tree of Life 2」が大賞を受賞し、日本人の神代良明とメキシコの先住民族の末裔アステサニアス・パニクアに特別賞が授与された。全ファイナリストの作品および受賞者の作品はマドリード、ニューヨークに続き、アジア初となる開催地として今回東京で展示される。