ハリルも頭が痛い?海外日本人選手、ほとんどが「下位」に低迷していた

写真拡大

2017-18シーズンの欧州サッカーが開幕し、もうじき3ヶ月。

主要リーグのほとんどで10節が終了となっており、上位と下位の間で徐々に勝点差が広がってきた。

そんななか、日本代表のことを考えるとちょっと気になる事実があった。

欧州5大リーグにエールディヴィジを加えた主要6ヵ国の1部リーグでプレーする日本人選手の順位をまとめてみると…

ラ・リーガ(全20チーム)

11位:ヘタフェ(柴崎岳)
17位:エイバル(乾貴士)

プレミアリーグ(全20チーム)

10位:サウサンプトン(吉田麻也)
11位:レスター・シティ(岡崎慎司)

ブンデスリーガ(全18チーム)

2位:ドルトムント(香川真司)
10位:フランクフルト(長谷部誠、鎌田大地)
11位:ヘルタ・ベルリン(原口元気)
12位:シュトゥットガルト(浅野拓磨)
13位:マインツ(武藤嘉紀)
16位:ハンブルガーSV(酒井高徳、伊藤達哉)
18位:ケルン(大迫勇也)

セリエA(全20チーム)

2位:インテル(長友佑都)

リーグアン(全20チーム)

4位:マルセイユ(酒井宏)
20位:メス(川島永嗣)

エールディヴィジ(全18チーム)

9位:ヘーレンフェーン(小林祐希)
14位:フローニンゲン(堂安律)

日本人が所属する16チーム中、11チームがボトムハーフという結果に…。

さらに、大迫のケルンと川島のメスはともに最下位であり、順位表のワースト5に入るチームが5つもあるのだ(エイバル、ハンブルガーSV、ケルン、メス、フローニンゲン)。

もちろん、ビッグクラブに在籍している日本人は香川と長友、酒井くらいであり、それがこうした状況に影響している部分はある。

しかし、それを考慮しても今季は所属クラブが苦戦している海外組がやや多い印象である。