30日深夜放送の「痛快!明石家電視台」(毎日放送)で、重盛さと美が、タレント業に本音を漏らした。

番組では、レギュラー出演者たちが宮城・延岡市の島野浦島を訪れ、島の小中学生36人からの疑問に答えた。中学1年生の女子から「タレントとはどんな職業ですか?」との質問が飛ぶと、重盛は「すごく割のいい仕事です」と即答する。

出演者から笑いが起こると、さらに重盛は「これだけで、こんなに(ギャラを)もらえるの?っていうくらい」「夢いっぱい」とコメントした。

ほかの出演者からは「そこまで行くのに大変」だとの意見も飛ばされるなか、司会の明石家さんまは、同意する様子を見せつつも「俺はもろてるけど」とぶっちゃけ、笑いを誘っていた。

【関連記事】
内山信二 10歳で経験した高額ギャラの営業「3つアイス食べて150万円」
蛭子能収が漫画を始めた理由…漫画好きではなくギャラのため
女優・佐藤仁美の豪快な金遣い「酒とタクシーとゲームだけ」