@AUTOCAR

写真拡大 (全2枚)

大型SUVは、ジャガーのフラッグシップにあらず

次期ジャガーXJは、このブランドの次世代ラインナップにおいても、フラッグシップという位置づけになるようだ。

デザイン部門のリーダーであるイアン・カラムは、仮に大型SUVモデルが今後登場したとしても、XJが最上位車種となることが社内で確認されていると明かした。

なにしろジャガーには、F-ペースよりも大型のSUV、J-ペースが追加されるという噂があるのだ。

カラムは、「フラッグシップSUVよりも、最上級セダンの方が、洗練性では優れています。世の中で、SUVをフラッグシップとして成立させられるブランドは、ただひとつ、ランドローバーだけでしょう」と話している。
 

カラム 「ジャガーの根源的な部分」

カラムは、現行のXJが、他とは異なるデザインを採用しているために、今でも人気が高いと話している。


「クーペのようなプロフィールは、わたしのこだわりですよ。なかには賛同してくれない方もいますが…。他のモデルは、いずれも3ボックスです」

カラムは、XJが彼にとって「信念を形にしたもの」であると認めており、「ジャガーの根源的な部分」でもあると話している。

「XJの存在が、ジャガーのなんたるかを示しているのです」