MCのオードリー・若林正恭

写真拡大

「激レアさんを連れてきた。」(テレビ朝日系)に、ゲストで賀来賢人が登場。自らが遭遇した“しょうもない”激レア体験を語った。

【写真】若手イケメン俳優の賀来賢人

オープニングで、MCの弘中綾香アナに「激レアな体験をしたことありますか?」と聞かれた賀来は、「本当にしょうもないことなんですけどいいですか?」と前置きし、「友達とボウリングに行きまして、“絶対に勝つぞ!”と意気込んでいたんですけど、最終スコアが23だったっていう。本気でやったんですけど…」と告白。

これをうけたMCの若林正恭は、「まさか我々も、そこまでしょうもないことだとは思わなかった(笑)」とガッカリしながらツッコみ、賀来の話を笑いに変えた。

スタジオには“激レア”サンプルとして、「ふつうの布団職人なのに独学でめちゃくちゃ速い走り方を開発し陸上競技界に革命を起こした人」というアオキさんが登場。アオキさんは独自のトレーニング方法で、陸上10種競技日本代表・右代啓祐選手を指導。見事右代選手を、「アジア競技大会」で優勝に導いたという。

いい選手を見抜く時はまず足首をチェックするそうで、アオキさんは小学校の部活や運動会を観察。有力な子どもたちをスカウトし、一時は40〜50人もの生徒を指導したこともあった。

そんなアオキさんが、ゲストの賀来の足首をチェックすると、「まぁ普通ですかね…」とバッサリ。

「(賀来の)お友達で陸上で伸び悩んでいる人がいたら紹介して欲しい(笑)」とコメントし、アオキさんが自分にまったく興味がないとわかった賀来が、悲観にくれる一幕もあった。

次回は11月4日(月)夜11:15〜放送。「自分の漫画にテキトーに出したキャラクターのせいでハンガリーの国賓になってしまった人」「勤め先の食堂に山下清が突然転がり込んできて、生活のリズムを崩された人」をフィーチャーし、ゲストで鈴木浩介が登場する。