画像提供:マイナビニュース

写真拡大

お金の用語で紛らわしいものとして「クレジット」と「ローン」があります。同じような意味だと思い込んでいる人が多いようですが、両者は別のもの。それでは、この2つは一体、どこが違うのでしょうか。

○クレジットとローンの違いとは

クレジットとは、一般的に、商品やサービスの代金を後払いすることを指します。クレジットを日本語にすると「販売信用」とも呼び、商品やサービスを購入する際、代金をクレジット会社が立て替えてくれるカードショッピングのことをいいます。その場に現金がなくても商品を購入したり、支払いを分割にしたりすることが可能で、消費者にとっては使い勝手の良い支払い方法ですが、その分、計画的な利用が求められます。

一方、ローンとは、お金を借りることです。クレジットとの大きな違いは、クレジットの場合は、商品や代金の支払いに際し、消費者が直接購入代金を手にすることなく、クレジット会社から商品やサービスを販売する会社へ支払いが行われる点です。それに対し、たとえばカードローンを使用したとすれば、銀行など金融機関のATMやCD(現金引き出し機)などから、または、指定の金融機関の口座振込によって、直接現金を引き出すことができる仕組みとなっています。

○カードローンとキャッシングはどう違う?

それでは、カードローンとキャッシングは何が違うのでしょうか。カードローンとキャッシングはともに、お金を借りるという共通点があります。

カードローンとキャッシングで異なるのは、返済方法と金利です。カードローンは、ATMやCDなどから現金を引き出せますが、あらかじめ審査で決められた借入限度額の範囲内であれば、原則的には何度でもお金を借りることができます。返済方法は、残高スライドリボルビング払いや毎月の分割払いです。なお、一般的に、金利はキャッシングに比べると低くなっています。

一方のキャッシングは、クレジットカードに付帯するキャッシング機能により、ATMやCDからお金を借りることです。返済方法は、翌月一括払いや残高スライドリボルビング払いとなっています。金利はカードローンと比較して高めになっています。また、借入限度額は数万円から数十万円と、小口融資になります。

クレジットとローン、そして、カードローンとキャッシングの違いは明確になりましたか。いずれも便利なものですが、お金の管理がややこしくなる危険はつきもの、ということを忘れないようにしましょう。

※画像と本文は関係ありません

筆者プロフィール:武藤貴子

ファイナンシャル・プランナー(AFP)、ネット起業コンサルタント

会社員時代、お金の知識の必要性を感じ、AFP(日本FP協会認定)資格を取得。二足のわらじでファイナンシャル・プランナーとしてセミナーやマネーコラムの執筆を展開。独立後はネット起業のコンサルティングを行うとともに、執筆や個人マネー相談を中心に活動中。FP Cafe登録FP。