イメージ

ロンドンで行われている実験的な道路標示プロジェクトが話題となっている。手がけているのは、イギリス・ロンドンに拠点を置き、設計、建築、デザインなどを請け負うUmbrellium社。とある一角で行われている実証実験は「STigmergic Adaptive Adaptive Responsive Learning Crossing」の頭文字から「Starling Crossing」と呼ばれている。

このプロジェクトは、道路に仕込んだコンピューター制御のLEDとカメラで撮影した映像をニューラルネットワークによってリアルタイムで計算することで成り立つ。

ニューラルネットワークは、撮影した映像から歩行者や車、自転車などの動く物体を捉え、それぞれが人であるかやどのような車種であるかを区別して、正確な位置や軌道、速度を計算し、次の瞬間にどこへ移動するかを予測できる。また、LEDは昼夜や角度を問わず視認性の高い表示を実現する。

この2つが合わさることで、道路上の物体に合わせて、LED表示を変化させて様々な道路標示を実現する。


LEDで様々な表示を道路に浮かび上がらせる

例えば、早朝で人通りが少ない時は、道路には何も表示されない。しかし、人が横断のために道端でたたずめば、それを把握して、道路に横断歩道を映し出し、車には一時停止のサインをだす。


人が道路脇で横断のために待っている


それをニューラルネットワークが把握して道路に横断歩道を表示する

また、パブの閉店時間だったり、映画の上映が終わって、人がどっと外に出てくるような状況では、横断歩道のサイズはその人混みに合わせたワイドなものになる。さらに、目的地に向かって斜めに歩く人の動きに、他の人が追従する動きに対応し、横断歩道を斜めにしたり、台形にしたりもできる。


横断歩道の幅や形も自由自在

歩きスマホや人が車に気がついていない時、子供が飛び出した時などは、道路に赤いマークで危険を視覚的に伝達。歩行者、ドライバーの両方に注意喚起する。このシステムは、ドライバーからは見えない、突然飛び出してくる横断者の存在を知らせるのに適している。


危険な状態では赤表示で視覚的に本人や周囲に周知

歩行者用の交差点として開発されている「Starling Crossing」。近づいただけで横断歩道が出現するのは歩行者にとっては素晴らしいアイデアだが、車のドライバーやサイクリストにとっては、いつもの横断歩道ではなく、街中の全てで停止する可能性があることになり、ストレスを感じることがあるかもしれない。

人と車の安全関係を保ちつつ、そのような様々な問題をクリアできれば、単なる未来感を感じるだけのプロジェクトではなく、実用的なものになる可能性は秘めているプロジェクトだ。

「Starling Crossing」
URL:http://umbrellium.co.uk/initiatives/starling-crossing/
2017/10/31