女性保安官、フクロウの赤ちゃんと道でご対面! くりくりお目目にゾッコン

写真拡大

アメリカ・コロラド州でパトロールをしていた女性の保安官が、車を運転中にとっても可愛い生き物に遭遇しました!

ちょっと距離を置いて立っているのは、まだ小さなフクロウの赤ちゃんです。

保安官と子フクロウのコミュニケーションを、しばしお楽しみください!

このフクロウは、北アメリカに生息するアメリカキンメフクロウ。成長しても体長17〜19cm程度で、体重は100gほどのミニサイズ。名前の通り、目が金色なのが特徴です。

フクロウといえば警戒心が強くて臆病というイメージですが、この赤ちゃんは首をひょこひょこかしげて保安官をじーっと見ています。まるで、逆に職務質問をしているかのようです。

日本ではありえなさそうな光景ですが、あらためてフクロウのキュートさを感じる、ほのぼの動画ですね!

[文・構成/grape編集部]