130日齢を迎えたパンダのシャンシャン、甘えんぼで激カワ!

写真拡大

2017年6月に、上野動物園で生まれたジャイアントパンダの赤ちゃん『シャンシャン(香香)』。10月21日には130齢を迎え、定期健診の映像が公開されました。

上野動物園によると、体重は8.6Kg、体長は74.2cmで、10日前の検診よりも体重は0.9Kg、体長は4.4cmも大きくなっています。

順調に成長しているシャンシャンは、可愛らしさがさらに倍増しているようです。

歩きかたもしっかりしてきたシャンシャンは、お母さんのシンシンを追いかけて段差を乗り越えています。これも成長の証ですね。職員さんたちの姿を目で追うなど、目もちゃんと見えているのが分かります。

一方、お母さんのシンシンはシャンシャンの体をなめたり、授乳をしたり、排泄をうながすなど、こちらもお母さんらしさを見せています。

順調に成長しているシャンシャンの映像を見て「ママを追いかけてる姿がたまらない!」「どんどん可愛くなっていくね!」「一般公開が待ちきれない!」といった声が上がっていました。

一般公開は12月中旬を検討しているということです。1日でも早くシャンシャンに会いたいですね!

[文・構成/grape編集部]