日本人だけでなく訪日外国人からも人気の観光地・京都ですが、奈良も負けていないというポスターがネットで話題になっています。

京都の地下鉄乗ってたら当たり前のように目にする広告のキャッチコピーが
『日本に京都があってよかった』
なんですけど
で、でた〜〜ッ
って今回も驕り高ぶる京都様にドン引きしてたら向かいの広告が

『わたしは、奈良派。』
という奈良県の挑発的な広告でわろた

ちなみに、京都のポスターは京都市文化市民局文化芸術都市推進室文化芸術企画課による『大政奉還150周年記念プロジェクト』のもの。対する奈良は近畿日本鉄道の『わたしは、奈良派。』キャンペーン。これにはネットで「奈良には“京都に負けへん”という闘争心がある」といった反応も。

さらには、こんなツイートも。

多分

京都『日本に京都があってよかった』

奈良『そうやね(わたしは、奈良派。)』

大阪『京都お前なんぼのもんじゃいAHONDARA』

兵庫『大人になろうや(いいぞ大阪。もっと言え)』

滋賀『京都お前琵琶湖の水止めるぞ〜〜?調子乗んな〜〜?』(小者)

やから

ほかにも「自分は和歌山派」「三重派」という人も見られ、「各地方が互いに喧嘩売ってる感が好き」「関西最高!」というツイートも寄せられていました。いずれにしても観光客誘致を競い合うことで相乗効果があると良いのではないでしょうか。

大政奉還150周年記念プロジェクト(京都市)
http://www.taiseihokan150.jp/ [リンク]

わたしは、奈良派。(近畿日本鉄道)
http://www.kintetsu.co.jp/nara/naraha/

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』