画像提供:マイナビニュース

写真拡大

朝日新聞出版発行は10月30日、Reライフマガジン「ゆとりら秋冬号」(980円・税込)を発売した。同誌の表紙と巻頭ロングインタビューには、がん罹患の経験を持つ女優の南果歩さんが登場する。

南さんは2016年2月、たまたま受けた人間ドックでステージ1の乳がんが発覚し手術を受けた。それからようやく1年が経つころ、今度は週刊誌に夫・渡辺謙さんの不倫が報じられた。南さんはどん底まで打ちのめされ、「これまでの人生で、一番の試練のときだったと思います」と振り返っている。

そのようなつらい時期の南さんを支えてくれたのは、仕事仲間や女友達であったとのこと。また、乳がんという病気を経験して「命はバトンリレー」だということも痛感したという。自分の症例が誰かの役に立つかもしれないという思いで、闘病体験を明かそうと決意したことも語っている。

巻頭インタビューでは、この数々の試練を「自分の人生を見つめ直すチャンス」ととらえ、前向きに歩き出した南さんの思いが綴られている。そのほか、「今日からはじめる低糖質生活」「顔・二の腕・お尻 三大たるみをリフトアップ」「骨盤底筋を鍛えて尿もれを予防」などの健康情報も掲載した。