ロジャー・フェデラー【写真:Getty Images】

写真拡大

スイス室内で自身8度目の優勝もATPファイナルズへの準備を最優先

 男子テニスの世界ランク2位、ロジャー・フェデラー(フェデラー)はスイス室内決勝で同17位のフアン・マルティン・デルポトロ(アルゼンチン)をフルセットの末に6-7、6-4、6-3の逆転勝ちで優勝を飾った。現地時間30日に開幕したBNPパリバ・マスターズの欠場を発表。11月12日からロンドンで開幕するATPファイナルズに、全身全霊を注ぐ方針を明らかにした。イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」が「パリは諦めた」と報じている。

 母国スイスで行われた思い入れ深い大会で、8度目の優勝を飾ったフェデラー。キャリア95個目のタイトルを手にしたが、その代償は小さくなかった。

「バーゼルはとても大変な大会だ。僕にとっては感情的なレベルで、単なる一大会というだけではなかった。6日間で6試合こなした今は休むことが必要だ。パリの観客に対しては残念に思う。ベイシー(大会の舞台)では何年もプレーしていない。僕自身の体と健康を保つためなので、分かってほしい。ファイナルズに完全なコンディションで臨みたい。2018年に向けても、ね」

状況を鑑みて苦渋の決断「ポイントがラファともう少し近いところにいたら…」

 記事によれば、フェデラーは優勝後にこのように答えたという。盟友で世界ランク1位のラファエル・ナダル(スペイン)とのトップ争いの行方も注目を集める中、膝や背中の不安を抱える36歳のレジェンドは2012年11月以来となるNO1返り咲きよりも、コンディション調整を優先する決断を下した。

「もちろんランキングは考えている。でも(ナダルの)後ろにいるから、首位には到達できない。何が一番自分のためになるかと考えると、休んで、コンディションを整えて、挽回すること。ポイントがラファともう少し近いところにいたら、違う決定をしたと思う」

 ツアーファイナルズ、そして来シーズンも輝きを放つために――。フェデラーは「休む」という勇気ある決断を下した。