木枯らし1号が吹き荒れた都心。10月30日14時すぎ、池袋駅の2番ホーム湘南新宿ラインのりばに見なれぬ電車が入ってきた。

JR東日本千葉支社 幕張車両センター所属 209系 C616編成。列車番号は8344M。行き先は回送(OUT OF SERVICE)と表示。

ゆっくりと2番ホームにつけ、停止すると思いきや、となりの1番ホームを発つ埼京線快速新木場行きE233系のあとを追うよに再び加速していった。

大宮工場を入場していた209系 C616編成が、幕張車両センターへと戻るシーン。

209系サイクルトレイン B.B.BASE 幕張メッセに現る

幕張車両センターの209系に、さらに新たな動き。9月末、209系「B.B.BASE」」が大宮工場を出場した。

自転車をそのまま積み込んで、いっしょに旅できる房総エリアサイクリング向け車両「BOSO BICYCLE BASE」(房総バイシクルベース)。

2018年1月の営業運転を前に、千葉・幕張メッセで11月3〜5日に行われる自転車フェス「CYCLE MODE international 2017」に、「B.B.BASE」実物大モックアップが展示される。

「B.B.BASE 車内の専用ラックへ自転車を搭載するイメージがわくよう、自転車搭載のデモンストレーションを行う。

また、搭載する自転車は B.B.BASE の側面に描かれている自転車をイメージしたオリジナルのロードバイクを使用」とJR東日本千葉支社。

同社ブースでは、自転車界で知られるアスリートや著名人も登場。宮澤崇史氏(元プロロードレーサー、北京五輪出場)、上田藍選手(ペリエ・グリーンタワー・ブリヂストン・稲毛インター所属トライアスリート、北京・ロンドン・リオ五輪出場)、団長安田氏/安田大サーカス(タレント、趣味ロードバイク・トライアスロン)、白戸太朗氏(スポーツナビゲーター、スポーツキャスター、トライアスリート)、絹代氏 (サイクルナビゲーター)、ブラッキー中島氏(子ども向け自転車教室「ウィーラースクールジャパン」代表)、岩田淳雄氏(耷出版社バイシクルクラブ編集長)らが会場を盛り上げる。