専門家に聞いた!ハロウィンってそもそも何の日?

写真拡大

10月31日はハロウィン。ここ数年で爆発的に普及したものの、そもそもどんなお祭りか理解していない人もいるのでは?「教えて!goo」の「ハロウィンと聞いて皆さんが思い浮かべるもの、こと、人は?」という質問では「カボチャ」「渋谷のお祭り騒ぎ」などの回答が多かったが、実は、ハロウィンの起源は新年を無事に迎えるためのお祭り。日本ハッピーハロウィン協会代表・岡本恭和さんに詳しく聞いてみた。

■ハロウィンって何をする日なの?

「今から数千年前のお話ですが、古代ケルトの人々、特にアイルランドに伝わる10月31日のサーウィンいうお祭りがありました。古代ケルト人において、10月31日は夏の終わりであり、1年の終わりでもあります。つまり日本でいう大晦日なのです。年に1度異界への扉が開き、この世に戻ってくる祖先や死者の霊を供養し、厳冬を生きぬくパワーを授かる夜です。無事に夜を過ごせば全ての時空が浄められ新年が訪れます」(岡本さん)

アイルランドにキリスト教が伝わってから、ハロウィンという名前になったのだという。

「翌日の11月1日は、キリスト教にとって最も大切なお祝いの日でした。有名や無名を問わずすべての聖人を祝う日(All Hallows Day)です。Hallowsというのは、古い英語に『神聖にする』という意味があります。10月31日は、All Hallows Day の前日、Eve(イブ)と言うことで All Hallows Eveと呼ばれ、いつしかハロウズ イブからハロウィンと呼ばれるようになったと考えられています」(岡本さん)

■ハロウィン=コスプレになったワケ

なぜ、ハロウィンの日に子供たちはコスプレをするようになったのだろうか。

「ハロウィンの日は死んだ人たちが霊界からやってくるといわれている日ですが、悪魔や魔女、邪悪な妖精たちもやってきて悪さをしようとします。悪さとは時の再生を妨げようとすることです。子供たちは祖霊の代理人として家々の戸口を回り、時を蘇らせる霊の代理をしていました。現代では『同じ仲間だぞ』『人間じゃないぞ』と思わせるために魔女や悪魔などに仮装したのが始まりです。その後、怖い者の定番としてドラキュラが加わったり、アメリカへハロウィンが伝わってからは病人やナース、スパイダーマンなどのキャラクターものが増えてきました」(岡本さん)

特に日本ではコスプレが目立っているような気がするが……。

「ハロウィンが日本で広まる前から、日本ではアニメやゲームのコスプレをする文化が生まれていました。本来ハロウィンの仮装とコスプレとは意味が違うのですが、ほとんどの人が普段と違う仮装をすることをコスプレと捉えており、ハロウィンの本来の意味を知らずにただコスプレを楽しむ人が目立っているからです」(岡本さん)

確かに本来のハロウィンの仮装とは大きく離れ、日本では独自の進化を成し遂げている。

■これからの日本でハロウィン文化はどう進化する?

ハロウィンは近年になって爆発的なブームを迎えた印象があるが、実は日本には1980年代頃からすでに伝わっていた。

「一般的に広く日本にハロウィンが広まったのは、2000年頃からディズニーランドでのイベントと映画『E.T.』に出てくるハロウィンのシーンです。また、お菓子メーカーがお菓子の販売促進のためハロウィン向けの商品を発売したため、徐々に認知されだしました」(岡本さん)

さらに近年、SNSの普及によりハロウィンブームは一気に全国区となる。川崎市の「カワサキハロウィン」の成功もあり、地方の街おこしとして、新しい文化のハロウィンをイベントに取り入れる地方団体も増えている。

「まだまだハロウィンは欧米文化だからだとか、若者が仮装した騒ぐだけのイベントだとか、ゾンビなどのホラー系の仮装が流行っているため怖すぎるなど、否定的な意見が多数です。しかしながらハロウィンの和菓子や、日本の『カワイイ』を取り入れた日本ならではの文化として進化していくことで、経済効果もあがります。クリスマスに追いつくのでないかと期待も持たれています」(岡本さん)

確かに海外の文化だが、いまでは国内で独自の進化を遂げたハロウィン。日本でしか味わえないハロウィンを今年も楽しんでみてはいかがだろうか。

●専門家プロフィール:岡本恭和
2010年日本ハッピーハロウィン協会を設立。ハロウィンの専門研究・調査とともに、日本における継続的な楽しみ方を提案。日本の超少子高齢化対策として、ハロウィンや季節の行事文化を通じた地域活性化を目指す活動も行っている。メディア取材協力実績多数。公式HPのほか、SNSでも随時情報を発信中。

(酒井理恵)

教えて!goo スタッフ(Oshiete Staff)