後になって、「ジェッツが消滅したのは、あの島田が“逃げたからだ”」なんて言われたら、嫌だったから…(写真:矢木隆一)

プロ野球やJリーグに押され、バスケットボールはこれまで日本のスポーツシーンで目立つことはあまりなかった。しかし昨年、バスケの男子プロリーグが発足し、野球とサッカーに続く第3の柱になろうとしている。この流れを加速するうえで重要なカギを握るのが、B.LEAGUEチェアマンの大河正明氏と、今秋、バイスチェアマンに就任した島田慎二氏。
島田氏は、弱小クラブだった千葉ジェッツの代表として、実力、人気ともにリーグ屈指の存在に成長させた張本人でもある(著書に『千葉ジェッツの奇跡 Bリーグ集客ナンバー1クラブの秘密』)。そんなお2人に、これまでの日本のバスケ、そして今後のバスケについて、前回記事「2年目のシーズンを迎えたB.LEAGUEのゆくえ」に続き語っていただく。

日本のスポーツは“ボランティア”の世界?

大河:僕は京都の中学、高校とバスケをやっていて、まあまあ強かった。中学では全国大会でベスト4までいって、高校では近畿の大会で2位になった。僕の前職はJリーグの常務理事だから、「サッカーの人」って見られがちだけど、実は「バスケの人」なんです。

島田:私の場合、バスケとまったくかかわりがありませんでした。高校時代はずっとサッカーをやっていたので、サッカー派なんです。チェアマンはバスケの強豪校にいたという話でしたけど、私の高校はサッカーの強豪校で、高校3年間はずっとインターハイに出ていました。正月の全国高校サッカー選手権大会にも3年連続で出場するくらい強かった。

大河:高校まではすごく身近なバスケだったけど、それを仕事にするなんて感覚は若い頃は皆無でしたね。そもそも、プロ野球と、ここ20年来のJリーグを除くと、スポーツはすべて“ボランティア”の世界。基本は学校の先生を中心としてボランティアで休日とかに運営されてきたのが実態でしょう。

一方、福利厚生ということで企業が実業団チームを持っていて、男子の場合だと1960年から80年代にかけて、日本鋼管とか日本鉱業が強いなんて時代があった。古い話ですけどね。

島田:その後、2005年にJBL(バスケットボール日本リーグ機構)から脱退したチームが、プロリーグとしてbjリーグを立ち上げて、それ以来、2つのリーグが存在する状態続きました。2016年にこの2つが1つになり、本格的なプロリーグとしてB.LEAGUEがスタートしたという流れですよね。

大河:僕はもともと、1995年から97年までの2年間、銀行からJリーグに出向していた。そのときに初代B.LEAGUEチェアマンの川淵三郎さんと出会ったんです。その後、分裂状態にある日本のバスケ界が国際バスケットボール連盟から国際試合への出場禁止という制裁を受けました。この状況を打開するために、改革のためのタスクフォースが立ち上げられ、そのチェアマンに就任したのが川淵さんだった。

当時、川淵さんは複雑化した問題を解きほぐすために相当苦労されていてね。そのうちに川淵さんをサポートする人間が必要だという話になり、そこでバスケをやっていた私に「手伝ってほしい」という話が来たんです。

とはいっても、Jリーグの仕事をやりながら同時にバスケットの仕事をするのは難しい。そこで思い切って、バスケットボール界に転身した。お世話になった川淵さんから「手伝わないか?」って言われるのも光栄な話だしね。

島田:私は25歳のときに起業して以来、いくつかの会社を経営してきました。それで、私の会社にずっと出資してくれていた人がジェッツの会長だったんです。会長は無類のバスケ好きで、若い人たちに出資してジェッツを作ったんですけど、クラブ経営がうまくいかなくて困ってました。

ちょうどそのとき、経営していた旅行会社を売却したばかりだったので、時間の余裕があったんです。そこで会長から「運営がうまくいかないから、手伝ってあげてほしい」と頼まれて、「手伝うだけならいいですよ」と答えた。だから、私は「ジェッツのお手伝いさん」から始めたんです。


「手伝うだけならいいですよ」と答えたところ…(写真:矢木隆一)

社長をやるのか、それともジェッツを潰すか

大河:まあ、何かの縁があったんでしょうね。

島田:そうですね。それで、当時の社長をサポートするためにコンサルティングをすることになります。まずは再建計画を作って、それを社長に手渡し、その計画の実行を私が下支えするという構図でした。

最初は、週に1〜2回ほど会社に来てという感じだったんですけど、手を突っ込んでいくうちにそれでは足りなくなってきた。やはり組織を徹底的に改革しようとすると、腰掛けではどうにもならない。週2日が3日に、週3日が4日になり、気がついたら週5日会社に出社して仕事をするようになるという……。 

そのうちに、経験のある私が社長になったほうがいいという意見が株主たちから出てきたんです。とはいえ、こちらはバスケとはまったく無縁の人間ですし、しばらくは悠々自適でいたかったので固辞していました。

島田:そしたら、今の状態では運営していけないから、チームを潰すしかないという話が出てきた。短期間だけのかかわりでしたが、チームに対する愛着のようなものも感じていたこともあって、反射的に「潰すのだけはやめましょうよ」という言葉が出てきたんです。「だったら、1年でもいいから社長をやってくださいよ」と言われて、「潰すか、社長をやるか」の選択を迫られた。あのとき、株主たちが「潰す」という話をしていなかったら、私は遅かれ早かれ身を引いていたと思います。

後になって、「ジェッツが消滅したのは、あの島田が“逃げたからだ”」なんて言われたら、嫌じゃないですか。それで「わかりました。1年だけお引き受けします」という返事をしました。その後も「もう1年だけ」と言いながらズルズルと続いてきて、気がついたら6年経っていた。そういう経緯があるので、私がリーグのバイスチェアマンを務めてもいいのかっていう気持ちがあるんですよ。

クラブ経営者とバイスチェアマンの兼務

大河:今シーズンから、島田さんは千葉ジェッツの代表とB.LEAGUEのバイスチェアマンを兼務することになった。それについて、利益相反ではないかという人もいます。もちろん、そうならないように気をつける必要はある。でも、利益相反の可能性があるから兼務できないポストかと言うと、そんなことはない。やり方に気をつければいいだけの話です。二刀流で大変だろうけど、やはり島田さんみたいな優秀な人がリーグ発展のためにひと肌もふた肌も脱いでもらわないとね。

島田:クラブ経営とリーグ経営はまったく違います。ジェッツだったら、「これやろう、あれやろう」と社長の私がその場ですぐに決めて、何でもできます。一方、リーグは合議制で決めていく組織ですから、やり方はまったく異なります。もちろん、大きな組織を動かしていくという魅力はあるでしょう。と同時に、各方面に配慮しながら調整しつつ動かなくてはいけない。いいところもあれば、難しいところもあるでしょうね。

大河:たとえば、川があってね、流れる方向は同じでも右岸から川を見るのと左岸から見るのとでは、見え方が変わってくる。リーグとクラブも同じだと思うんですよ。両者とも、バスケがもっと盛んになればいい、事業がもっと大きくなればいいと考えている。だけど、違う立ち位置にいると、見え方も違ってしまう可能性がある。別にケンカしているわけではないんだけど、行き違いが生じたりね。

そんなときに、島田さんのような「両岸」から景色を見られる人、両者の代弁者としてこの行き違いを埋めてくれる人材が必要になる。こんなこと言ったら怒られちゃうかもしれないけど、チェアマンの自分としては、島田さんがバイスチェアマンになってくれたのはすごく都合のいい話でね……。


違う立ち位置にいると、見え方も違ってしまう可能性がある(写真:矢木隆一)

島田:いや、実際、私もそうだと思いますよ。リーグの中にクラブ目線で物事を見られる人がいて、チェアマンを支えていくことができればうまく機能するでしょう。クラブ側からリーグに「俺たちの気持ちが理解できるのか?」という声が届けられたとき、「わかりますよ」と答えることができれば結束を固められるはずです。ですから、調整役としての役目は自覚しています。

島田:バイスチェアマンとして「これをやりたい」というものが特別にあるわけではないんです。ただし、クラブ経営のノウハウがあるので、各クラブの経営の底上げをしっかりとサポートする。それをやって、各チームの来場者数が10%、20%でも増えれば、十分な成果だと考えています。地味な話ですけど、バイスチェアマンとしての1年目はそこに力を入れていくつもりです。

リーグ全体の底上げを狙う「島田塾」


大河:島田さんはこれまで、「島田塾」という勉強会を自発的に開いて他チームの経営陣に経営のコツを教えてきた。どのクラブも最初は、「どうしたら観客が増えるんだ」とか「スポンサーを獲得する方法はあるのか」という点に関心を向けると思うんですよ。

でも、島田塾はそうしたことをメインに教えるところではない。それよりも、「組織体制の整備をどうすべきか」とか「人材をどう配置することで、強い組織ができあがるのか」という知識を教えるところですよね。いくらノウハウを教えても、足腰となって実際に行動する組織がなかったら、結局は何も起きないでしょう。

島田:確かに島田塾に来てもらうと、最初は「ジェッツのやっている集客の方法を教えてほしい」「スポンサーはどうやって集めているんですか」という質問が多いですね。そうしたこと教えてもいいんだけど、ジェッツの営業の方法を教わってすぐにスポンサーを獲得できるかというと、そんなことはない。

それよりも大事なのは、いかにして組織を強くしていくかということなんです。丸1日を使った勉強会では、集客方法や営業方法についても話しますが、それらは全体の2割くらい。組織改革や組織強化に関することが、残りの8割を占めています。

大河:やる気があるのに、伸び悩んでいるクラブの社長にフォーカスして、島田さんがヒントを与えていく。その結果、真ん中の6割くらいの層がグーッと持ち上がってくれば、間違いなくリーグとしての力が出てきますよ。

島田:島田塾は、もう少しでひと段落します。その後は、やり方を変えていく予定です。机上で話をしているだけでは成果がはっきりとうかがえないので、今後は各クラブを直接訪問することを考えています。しかも、実際に現地で社長に密着するアプローチと、少し裾野を広げて、各チームのチケット担当やスポンサー担当の部長クラスにアドバイスをしていこうと思っています。

大河:組織の中には、どこかで血流を止めている人がいたりする。それはひょっとしたら社長かもしれないし、長く在籍している番頭さんのような人かもしれない。その部分を少し改善するだけで、組織ががらりと変わるきっかけになったりする。

それには「現場100回」が必要。島田さんが実際に各クラブを回ってくれたら絶対に効き目がありますよ。今後の動きも楽しみにしてます。ありがたいことに開幕1カ月の滑り出しは順調。このままいってほしいね。

島田:はい。千葉ジェッツにかかわるようになってから実感しましたが、バスケはとても面白いスポーツです。実際、お客さんのリピート率も高い。これからますます人気が出ると確信しています。B1からB3まで入れると全国に45のクラブが散らばっているので、まずはお近くのクラブの試合をぜひ見に来てほしいですね。

大河:そうだね。2年目は皆さんが驚くような仕掛けも用意しながら展開していくので、多くの人たちに大いに期待してもらいましょう。

(構成:野口 孝行)