評論家の呉智英氏

写真拡大

 スペインのカタルーニャ独立をめぐる動きに対し、日本でも関心が高まっている。評論家の呉智英氏が、一国が独立するために必要なことを考えた。

 * * *
 スペインのカタルーニャ自治州の独立を目指す動きが混沌としてきた。十月一日の独立の是非を問う住民投票で、独立賛成が九割を超え、州政府首相は独立宣言を発する直前まで行った。しかし、中央政府は、住民投票が憲法に違反しているとして自治権を停止し、州議会の解散や州政府要職者の権限の縮小に踏み切ろうとしている。州都バルセロナでは、独立を叫ぶ大規模なデモが連日のように展開され、先行きは不透明だ。

 スペインは日本人にとって必ずしも身近な国ではないが、カタルーニャの動きに関心を持つ人は中高齢者を中心にかなりいる。私自身その一人だ。スペイン史に詳しいわけではないが、1936年のスペイン内戦、それに義勇軍として加わったイギリス人作家G.オーウェルの『カタロニア讃歌』を通して、カタルーニャへの親近感があるからだ。フランコの軍事独裁と闘って以来の独立の気風に共感を抱いているわけだ。

「独立」という言葉は一般的に魅力的である。この言葉の対義語は「従属」である。両者を並べてどちらが好きかと問われれば、誰でも独立を選ぶだろう。アメリカの独立もイギリスへの従属からの解放であったし、1960年前後のアフリカ諸国の独立も西欧諸国の植民地主義からの独立であった。

 日本においても事情は変わらない。

 明治の初め福沢諭吉が『学問のすすめ』でこう言っている。「一身独立して一国独立す」。国民一人一人が近代的学問を身につけて独立すれば、一国も豊かになり強くもなって独立し、西洋諸国を恐れることは何もなくなる。明治期の国際状勢が反映された言葉だ。

 明治期だけではない。大東亜戦争も、少なくともその理念においては、日本を含むアジア諸国の西洋列強からの独立があった。べ平連の中心メンバーであった小田実でさえ大東亜戦争一部肯定論を称えているほどだ(『日本の知識人』)。

 さて、こんなにすばらしい独立も、時にはうまくいかないことがある。前述のアフリカ諸国のうちいくつかの国では、独立後かえって経済も停滞し政治もうまくゆかず、内乱や大量虐殺も起きている。福沢の言う「一身の独立」のないまま「一国が独立」したからだ。

 カタルーニャは、どうか。独立には期待が持てそうだ。もともと産業が発達して豊かな土地柄でもあった。そのことが中央政府への反撥にもつながっている。俺たちの生産した富が他の連中のために使われている、と。

 ここにもう一つの難問が浮上するだろう。

 現在、日本の富裕層は累進課税など、自分たちの稼いだ富が過剰に吸い上げられ、福祉などに使われることに不満を抱いている。この人たちがどこかの地に次々に広大な住居を購入して転入し、その自治体を政治的にも経済的にも支配し、やがて独立宣言をしたら、どうなるか。この豊かな小独立国は是であろうか非であろうか。

●くれ・ともふさ/1946年生まれ。日本マンガ学会前会長。著書に『バカにつける薬』『つぎはぎ仏教入門』など多数。

※週刊ポスト2017年11月10日号