“つきあい”で呼んだ参列者はひとりもいないと語ったりゅうちぇる

写真拡大

 参列した友人や同僚の結婚式を体験して、「結婚式を挙げたくない」と感じる人が増えている。ウエディングプランナー・大和田浩子さんはこう語る。

「式に呼ばれて感動したとか、楽しかったとか、いい経験をした人は結婚式を挙げることにも積極的ですが、楽しい経験にならなかった人の中には『呼んだ人に申し訳ないから』と挙式をためらうかたもいらっしゃいます」

 経産省の特定サービス産業動態統計調査によると、2000年に約9万件だった全国の主要8都市での結婚式の件数は、2011年には約5万件と半数近くに激減。しかし、結婚したカップルは80万組から67万組と2割弱のみの減少であるため、結婚しても式を挙げないカップルが増えていることを物語っている。

 ブロガーで作家のはあちゅうさん(31才)も、結婚式を「挙げたくない」「行きたくない」と考える1人だ。

「もともと大勢集まるパーティーや格式張った場が苦手だから、自分自身も結婚式を挙げるつもりがない。だからきっとご祝儀は回収できないでしょうし(苦笑)、時間を取られて気疲れしに行っている気がしてならない。

 だけどおめでたいことだから断るのがなかなか難しい。もっとカジュアルに、飲み会を断るように欠席を知らせることができたらいいのになぁって。『結婚式の参加は人生に10回まで』と決まっていたらいいのにとすら思います」

 一方、盛大に結婚式を挙げたカップルにも、「行きたくない」という声は届いている。女子高生たちの憧れのカップルとして人気のりゅうちぇる(22才)とぺこ(22才)は、9月10日に『ヒルサイドクラブ迎賓館 八王子』で結婚式を挙げた。参列したのは、親族と仲のいい友達90人。

 新郎新婦も参列者も「アメリカンレトロ」をテーマにしたドレスコードに合わせ、映画のワンシーンのように華やかでおしゃれな結婚式の様子をSNSに投稿。参列者が「結婚式ロスになった…」とこぼすほど、大好評を博した。余韻にひたる幸せいっぱいのふたりだが、言葉を選びながらこう話す。

「私が結婚式に呼ばれたら、もちろん嬉しいし心からお祝いしたい気持ちはあるんですけど、もしそこまでつきあいの深くない人だったら『なんで呼んでくれたんだろう?』と考えてしまうと思うんです。

 なぜ自分はここにいるんだという“?”マークが頭につきながらも、お祝いに行くような関係性が世の中にあることは理解しています。だけど、結婚式を『する側』に立ってみると、自分たちの式には持ち込みたくなかったんです。だから誰を呼ぶかに関しては、すごく悩み、考えた部分でした」(ぺこ)

「言いかたは悪いのですが、“つきあい”で呼んだかたは1人もいなくて。やっぱり心から祝ってくれる人に出席してほしいなと思いました。やっぱり本当に喜んでくれている人とそうじゃない人って『おめでとう』の顔、目の奥が違うんですよ(笑い)」(りゅうちぇる)

※女性セブン2017年11月9日号