JR名古屋駅太閤通口に設置されている大型デジタルサイネージ(名古屋エクスプレスビジョン)に10月30日〜11月5日、バーチャルな美女アナウンサー 沢村碧(さわむら みどり)が出演する。

愛知県とJRグループが共同で実施する大型観光キャンペーン「愛知デスティネーションキャンペーン」を来場者に伝えるのが目的。

沢村碧は、文字情報として入力された原稿を、音声合成エンジンによって自然な発話に変換、CGで作成されたキャラクターの表情と連動させて言葉と動きで伝える。沢村は駅構内のデジタルサイネージに初登場。

手がけたのは共同通信デジタルとソニー

共同通信デジタルは、このバーチャルアナウンサーを活用し、情報番組を作成できるツール、「アバターエージェントサービス」を提供。

テキスト原稿と素材画像があれば、自然な発話で読み上げるCGキャラクター動画コンテンツや音声データなどで、情報番組(動画・音声)を作成できるという。