浮気発覚!とにかく不倫相手と別れてもらうための効果的な対処法

写真拡大

夫は、“不倫”を上手く隠しているつもりでも、つい見破ってしまうのが妻。「できることなら知らないほうがよかった」と思う人も多いはず。

夫が急に口をきいてくれなくなった!?「冷戦状態」の理由を知る方法

でも、このまま見過ごせるはずもないし……。

このように、夫の不倫を止めさせたいと思いつつも、どう話を切り出したらいいのかと悩む妻は少なくありません。

そこで今回は、『なぜ夫は何もしないのか なぜ妻は理由もなく怒るのか』の著者で、夫婦問題カウンセラーの高草木陽光が、“夫に不倫を止めてもらうための効果的な対処法”をお伝えします。

まず、妻が「心に決めること」とは?

夫の不倫の事実を知ったとき、きっとあなたは計り知れないショックを受けたことでしょう。もしかして、怒りを抑えきれず、感情的になって夫を責め立ててしまった人もいるかもしれませんね。

そうしてしまう気持ちは十分理解できます。

でも、少し冷静になって考えていただきたいのです。

あなたは、“とりあえず”、夫とどうしたいですか?

「とりあえず」と加えたのは、今後は気持ちがどう変化するかわからないけれど、「とりあえず、“いま”はどうしたいと思っているのか?」ということを確認したかったからです。

すぐにでも離婚をしたいのか?絶対に離婚はしたくないのか?とにかく不倫相手と別れてほしいのか?場合によっては離婚も仕方ないと思うのか?

まずあなたがすることは、「とりあえず、どうしたいか」という、ある程度の“方向性”を定めることが大切なのです。

そうすることで、「するべきこと」が見えてきます。

とにかく不倫相手と別れてほしい場合の対処法

1:時期を待つ

今回のテーマは、夫に不倫を“止めてもらう”ことなので、ここでは夫と不倫相手を別れさせるための対処法をメインにお話しさせていただきます。

当然ですが、黙って見ているだけでは2人は直ぐには別れないでしょう。

しかし、もし貴女が精神的に耐えられるのであれば、「時期を待つ」という方法もあるということもお伝えしておきます。

不倫の証拠を取りながら、夫と相手の女性が“ケンカ”をして揉めるのを待つのです。

妻として、この方法を選択することは精神的に苦しく簡単ではありませんが、不倫をしている2人は、ある程度の期間をおくと必ずケンカをして揉め出します。

そうすると、夫は不倫相手と距離を取ることが増え、今までの生活リズムや態度などが変化してきます。

このタイミングが、夫の気持ちを取り戻しやすくなる時期でもあるのです。

実際に、この作戦で夫が妻の元に戻ってきたケースも少なくありません。

2:不倫相手の女性にプレッシャーをかける

「不倫相手にプレッシャーをかける」というのは、慰謝料請求をしたり、警告をしたりすることです。

2人を別れさせるためには、現在の“状況”や、相手の“情報”をできるだけ詳しく知っていたほうが有利に進めることができます。

つまり、「不倫の証拠」を多く集めることが大事です。

夫のカバンや財布の中、見られる状況であればスマホを確認することで、手がかりを見つけられる可能性が高いです。

相手の存在や詳細な情報を確実に得たい場合は、調査会社に依頼しましょう。

相手の女性も、「不倫している」という事実が公になることは避けたいでしょうし、知られたら困る場合がほとんどです。

したがって、夫ではなく“不倫相手だけ”に、プレッシャーをかけることで、自ら身を引いていくこともあります。

3:夫の心理状態を読みながら交渉をする

「夫の心理状態を読みながら交渉をする」というのは、簡単にいうと、「夫に直接、不倫相手と別れるように言う」ということです。

不倫をしていることが、妻にすべてバレていると知って、素直に別れることを約束してくれる夫もいます。

しかし、逆ギレしたり、言い訳をしたりして、話をうやむやにする夫も少なくありません。

ですから、この作戦を実行する場合は、言い逃れできない“不倫の証拠”を準備しておく必要があります。この証拠を“武器”に、夫と“冷静に交渉”していくのです。

■「冷静な交渉」とは?

ここで、実際に「冷静な交渉」を行って成功した例を1つご紹介しましょう。

妻、真紀さん(仮名)36歳は、夫の英雄さん(仮名)40歳が1年ほど前から、元カノとW不倫をしていることを知りました。

真紀さんは、ショックのあまり食欲不振と不眠が続き、しばらく思考停止状態になってしまったのですが、子どもがまだ小さいこともあり、「とりあえず今は、離婚はしたくない」という考えに至りました。

そして、真紀さんは私のカウンセリングルームに1人で訪れたのです。

妻の真紀さんが、不倫の事実に気づいたことは、夫の英雄さんはまだ知りません。

夫を問い詰めたい衝動に何度も駆られた真紀さんでしたが、そこはグッとこらえて「証拠」を集めることに専念していただきました。

何事もなかったかのように平然と話しかけてくる夫に殺意さえ覚えたこともあるという真紀さん。

しかし、ここで感情を爆発させてしまうと、完全に不倫相手へ気持ちが傾いてしまう可能性があることをお伝えし、「普段通りの妻」を演じてもらったのです。

辛い数ヶ月間でしたが、カウンセリングを続けながら真紀さんは頑張りました。

■妻が行った「証拠収集」

まず、夫の不倫相手の情報と、現在の2人の行動を把握するために、調査会社に依頼をしました。

数日後、夫と元カノがラブホテルに出入りする証拠が取れ、元カノの名前、住所、職場、家族構成、実家の住所などが判明したのです。

また、夫の財布やポケットから出てきた領収書やレシート、元カノからのメモ書きなどが見つかり、それも写真に撮りました。

■妻の覚悟

これで、逃れられない「証拠」は揃いました。

真紀さんは、「夫の逆ギレには屈しない」「私は、家族を守る」と“覚悟”を決め、夫に“決断”を迫ったのです。

子どもが寝たあと、夫婦の話し合いが始まりました。

妻:「ねえ、私たちも今年で結婚10年だね。今まで色々あったけど、私は幸せだと思っていたよ。でも、最近は自分でもよくわからないんだよね。貴方はどう思ってる?」

夫:「普通に幸せだと思ってるよ。なに? 何かあったの?」

妻:「これからも私と子どもを大切にしてくれる?」

夫:「当たり前だよー」

妻:「安心した! ありがと」

夫:「今日、なんか変じゃない? どうしたの?」

妻:「ねぇ、約束してくれるかな?」

夫:「何を?」

妻:「目黒区に住んでいる加藤郁子さん(仮名)と今すぐ別れてくれない?」

夫:「!?……。」

妻:「もう全部知っているから、私」

夫:「……。」

妻:「貴方が積極的に彼女と別れる行動をとって、完全に別れたことを証明してくれたら、私はこのまま貴方も彼女も許す努力をしようと思う。でも、もし、約束できないのなら、彼女にはそれなりの責任を取ってもらうし、彼女のご主人にもこの事実を伝えようと思っています。貴方との将来も考え直します」

夫:「それなりの責任って?」

妻:「慰謝料請求に決まってるでしょ!」

夫:「それは…やめたほうが…いいと思う…けど」

妻:「私は覚悟を決めているので、やめません。ところで、貴方は自分のしたことを悪いと思っているの?」

夫:「思ってる…。ごめん、悪かった」

妻:「で、どうする気なの? 私と別れて彼女と再婚して、新しい家庭を築こうと思っているの?」

夫:「いや…そんなことは思っていないけど」

妻:「じゃ、どう思ってるの?」

夫:「…。彼女と話して別れてくるよ」

妻:「それを、どう証明するの?」

夫:「…。」

妻:「私の目の前で彼女に電話して、この事実を伝えてください。そして、今後いっさい連絡を取らない、会わないということと、謝罪の内容を“文書”で私宛に送れと伝えてください。貴方も一筆書いてください。」

夫:「それ、今すぐ?」

妻:「当然です」

■妻の本心

「夫に逆ギレされて、離婚を宣言されたらどうしようっていう不安はありました」と語る真紀さん。

でも、もしもそうなった場合のシュミレーションも一緒にアドバイスさせていただいていたので、結果的に毅然とした態度で夫との“交渉”に臨むことができました。

「夫を渡すものか」という気持ちを強くもちながら、“妻”として自信をもって対処できたという真紀さん。

夫と不倫相手を、完全に許せるかはまだわかりませんが、時間をかけて傷ついた心と夫婦の信頼関係を取り戻す努力をしていってほしいと思います。

今後は、もっと夫の気持ちにも寄り添いながら、夫婦関係修復に集中していきたいとのことでした。