画像提供:マイナビニュース

写真拡大

UDSは10月29日、滋賀県情報発信拠点「ここ滋賀」を東京・日本橋に開業した。琵琶湖を中心として発展してきた豊かな自然、歴史、食文化、各地のヒト・コト・モノなどの滋賀県の魅力を実際に見て、触れて、食べることができる体験型の発信拠点となる。地域情報や観光案内などの一方向の情報発信にとどまらない取り組みで、滋賀県の交流人口増加を目指す。

1階では、マーケットと地酒バー、総合案内を運営する。マーケットでは、滋賀県産の旬の野菜や米などの生鮮食品や、加工食 品、お茶、菓子類、信楽焼や織物などの滋賀県の地場産品を取り揃えて販売する。

地酒バー「SHIGA's BAR」では、滋賀県内の33蔵の酒を朝から夜まで飲むことも買え、昼は滋賀県産米「みずかがみ」を使ったおむすびも提供する。また、好みの地酒に合わせたおつまみに加え、店内で販売している食品をその場で自由に楽しめる角打ちスタイルで営業する。蔵元を招いてのイベントや、「酒×旅」をテーマにしたゲスト参加型のイベントも定期的に開催する。

総合案内「SHIGA's CONCIERGE」では、滋賀県内の観光情報やおすすめツアーを案内する。また、UIJターンによる移住や就職の情報提供も行う。

2階では、レストラン「日本橋 滋乃味」を営業する。琵琶湖の恵み・滋賀の地酒・近江牛・発酵食品など、受け継がれてきた知恵や技術に支えられた滋賀の味を楽しめる。3階はフリーテラスとなり、マーケットで購入した商品を楽しむこともできる。

同施設の営業時間は、マーケット・総合案内が10〜20時、地酒バー「SHIGA's BAR」が10〜23時。日本橋 滋乃味は、ランチが11時半〜14時、ディナーが18〜23時となる。定休日は年末年始(12月31日〜1月3日)となる。