英国の市場調査会社、カナリスがまとめた、インドのスマートフォン市場レポートによると、今年(2017年)7〜9月期における、同国のスマートフォン出荷台数は1年前から23%増加し、4000万台を若干上回った。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

年後半はさらに躍進か

 世界における国別スマートフォン出荷台数は、これまで中国が最も多く、これに米国が次いでおり、インドは出荷台数ベースで世界3位のスマートフォン市場だった。しかし、この7〜9月期におけるインドの台数は米国を上回り、同国はついに世界2位の市場になった。

 インドでは今年7月、それまで州ごとに異なる税目で課されてきた複雑な間接税が廃止され、それに代わって全国統一の物品サービス税(GST)が導入された。

 これにより、州をまたがる取引が容易になり、流通業者や小売業者は製品を広範囲に提供できるようになったと、カナリスのアナリスト、ルシャブ・ドーシー氏は指摘している。「インドでは、高額紙幣の廃止やGST導入に伴う混乱がしばらくあったが、今やそれは過去のものになりつつある。7〜9月期の同国スマートフォン市場は安定化の兆しを見せたが、年後半のインド経済はさらに力強いものになる」とドーシー氏は述べている。

サムスンが首位維持するも、シャオミが猛追

 7〜9月期の出荷台数をメーカー別に見ると、首位は韓国サムスン電子で、台数は1年前から約30%増の940万台だった。インドの経済紙エコノミック・タイムズによると、サムスンは4年半にわたり、インドのスマートフォン市場で首位の座を維持している。

 しかし、今、サムスンを追い抜く勢いで中国シャオミ(小米科技)が台数を伸ばしている。その7〜9月期の出荷台数は、サムスンと僅差の920万台。カナリスによると、シャオミの台数は1年前から290%増加している。シャオミの新市場開拓戦略の効果は、今後も続くと見られ、今後数四半期のうちに、サムスンを追い抜くだろうと、ドーシー氏は予測している。

 サムスン、シャオミに続いて出荷台数が多かったメーカーは、中国ビーボ(維沃移動通信、vivo Mobile Communication)、中国オウポ(広東欧珀移動通信、OPPO Mobile Telecommunications)、中国レノボ・グループ(聯想集団)。

 同国のスマートフォン市場は好調だが、同時に主要メーカーへの集中が進みつつある。例えば、7〜9月期における上記5社の合計出荷台数は、同国全出荷台数の75%を占めている。

アップルは現地生産が奏功

 一方で、米アップルの7〜9月期におけるインド向け出荷台数はわずか90万台だった。ただし、iPhoneは1年前に比べ2倍以上に増えており、インド市場で目覚ましい成長を遂げていると、カナリスは指摘している。

 カナリスは今回のレポートで報告していないが、インドにおけるアップルの出荷台数順位は10位程度と言われている。その要因は、現在同国で売られているスマートフォンの平均的な価格が1万インドルピー(約1万7500円)と低価格だからだ。例えば、前述したシャオミはこの価格帯の市場を狙っている。また、ビーボやオウポの狙いは、1万5000〜2万ルピー(約2万6000〜3万5000円)といった中価格帯市場だ。

 これに対し、iPhoneは当初、廉価モデルの「iPhone SE」でも3万ルピー(約5万2500円)で売られていた。iPhoneの旗艦モデルは、ストレージ容量が小さいモデルでも約5万ルピー(約8万7500円)である。

 こうした状況を打開するため、アップルは、今年5月に新たな施策を講じた。輸入関税を抑える狙いで、iPhone SEの現地生産を始めたのだ。アップルがインドの出荷台数を倍増させることができた背景には、こうした戦略の変更があると、カナリスは指摘している。

(参考・関連記事)「アップルのインド戦略、長年の努力が花開く?」

筆者:小久保 重信