今、東京の男女が密かに抱えている悩みがある。

恋人や夫婦間での、肉体関係の喪失だ。

ある統計では、今や世帯年収1,000万円を超える夫婦においては、過半数以上が当てはまるという。

この傾向は、未婚の男女においても例外ではない。

-結婚するならこの人。

美和子(32歳)には、そう信じ付き合ってきた最愛の彼・健太(32歳)がいる。相思相愛、いつも仲の良いふたりは周りも羨むお似合いカップル。

しかし美和子は、誰にも言えぬ悩みを抱えていた。




待ちに待った、プロポーズ


恵比寿ガーデンプレイスにある『ガストロノミー ジョエル・ロブション』

健太からこの店を予約したと聞かされて、私の胸は喜びと動揺で震えた。

ベタだと言われようが、私は世の大半の女性の例に漏れず夢見がちなのだ。

付き合い始めた当初、27歳だった私は、プロポーズは『ジョエル・ロブション』、エンゲージリングはティファニー・セッティグが理想だと、健太に話したことがある。それを彼は律儀に覚えていてくれたのだろう。…もう、5年も前のことなのに。

-私たちは、どこで間違ってしまったのだろう。

答えの出ぬ問いを、私はもう何度も何度も繰り返してる。

決定的な何か、があった訳ではない。知らず知らずのうちに掛け違えたボタンが、年月を経て元に戻せなくなっただけ。

だから誰も、悪くない。

「美和子、俺と…結婚してください」

憧れだった『ジョエル・ロブション』。お城さながらの空間で、健太が精一杯カッコつけて差し出したのは、私が望んだ通りのティファニー・セッティングだった。

見たことのないティファニーブルーのエンゲージボックスに歓声をあげると、これは銀座本店で今年7月に登場したばかりなんだよ、と得意げに彼は言った。

母親に褒められるのを待っているような、無邪気な瞳。健太のこういう可愛い仕草に、私は弱い。

「健太、私…」

言いかけて、言葉に詰まる。気が付いたら、私は大粒の涙を流していた。


プロポースで流した涙の理由。美和子と健太に何があったのか


はじまりの出来事


始まりは、5年前の夏だった。

その当時私には付き合って間もない別の彼がいたのだけれど、あまりに度を超えた束縛にうんざりしていて、終わりにするタイミングを見計らっているような状態だった。

私が珍しく、いつもは断る百合先輩の誘いに乗ったのは、そんな経緯があったからだ。

「ねぇ美和子、お願いがあるんだけど…」

夕刻、定例会議を終えて席に戻ると、百合先輩が両手を合わせるようなポーズで声をかけてきた。それだけでもう、私は要件を察知する。

百合先輩と私は、同じ化粧品会社のPRとして働いている。4歳年上の彼女は既に結婚しているのだけれど、とにかくお食事会の幹事が大好きなのだ。

「だって、独身の男友達からどうしてもって頼まれるのよ」などと仕方ない風を装っているが、確実に自分が楽しんでいるに違いない。

「…誰かにドタキャンされたんですか?」

先回りして私が聞いてあげると、百合先輩は話が早いとばかりに畳み掛ける。

「そう!美和子が来てくれたら3-3になるのよ。そもそも私は既婚でカウント外なのに3-2はさすがに申し訳ないじゃない?彼氏いるの知ってるけど、今日だけ。ね、お願い」

誰かの急なドタキャンで3-2になってしまおうが、百合先輩が責任を取る義務などないだろうに、彼女は変に真面目(?)で、一生懸命に誘ってくる。

しかし私は、そういう彼女が嫌いじゃない。

「いいですよ、今日暇だし。彼がいる時はお食事会の類は行かないって決めてるんですけど、今の彼とは…もう別れようかなって思ってるところだから」

「え?そうなの!?」

私の言葉を聞くと、百合先輩は水を得た魚のごとく急に生き生きとし始めた。

「実はね、今日来る中に確か美和子と同い年の男の子がいるの。その子、美和子に合う気がする」

「…そうなんですか」

百合先輩は勝手に盛り上がっていたけれど、正直なところ私は出会いなんて期待していなかった。

束縛男とのやりとりで鬱屈とした気分を晴らしたい。その程度の気持ちしかなかった。

その証拠に、私は待ち合わせの店『イマサラ』の入り口でようやく化粧直しすらしていないことに気がつき、鏡も見ずに慌ててグロスだけ塗ったのだ。




「美和子ちゃんは、最近いつ笑った?」

皆が何か別の話題で盛り上がっている中、こっそりと話しかけてきたのが、健太だった。実は出会った瞬間に私は直感で、百合先輩が言っていたのはこの彼のことだとわかった。

一目惚れとは違うけれど(健太はそこまでの美男ではない)、彼と目があった時、私の心にふわりと柔らかな感情が流れたから。

「え?」

まっすぐな瞳で唐突にそんな質問をされ、作り笑顔を見透かされてしまったのかとドキッとする。

私は食事会というものに行き慣れていないし、もともと初対面の人に壁を作ってしまう性格で、自分から話題を振りまくタイプではない。

百合先輩と、先輩の大学同期だという幹事の男性を中心に場は盛り上がっていたから、私は適当に相槌を打ちながら、なんとなく時間が過ぎるのを待っていたのだ。

その様子を、見られていたのだろうか?

「…昨夜、缶ビール飲みながらアメトーク見て大笑いしたけど」

なんとなく気まずくて、私はわざと素っ気なく、色気のない回答をした。

それは今思えば、私の心の隙に入り込もうとする彼への、小さな抵抗だったかもしれない。


健太に心惹かれる美和子。恋愛関係になるのに、時間はかからなかった。


「え!意外。美和子ちゃんアメトーク見るの。俺もお笑い大好きだよ」

絶対に男受けしないであろう答えを言ったのに、健太には逆に響いてしまったようだった。…というより、彼は女性の扱いに慣れている男だから、あの時私がどんな答えを言っても打ち返してきていたのだろう。

「じゃあさ、今から俺の家で一緒にお笑いでも見る?」

健太はすかさずそんなことを言って、悪戯な表情を見せた。そのさらりとした言い方は不思議に不快ではなく、むしろ私の心の壁をするりとすり抜けた。健太は天性の“人たらし”なのだ。

「…そんないきなり、家に行くわけないでしょ」

嫌な気はしなかったが軽く見られたくなくて、私は冷たくあしらう。

しかし彼はそんな私の反応も予想していたのだろう。無邪気な笑顔を見せたと思ったらふいに真面目な眼差しで、私の心を翻弄するのだった。

「あはは!そうだよね。じゃあ、今度俺とデートしてよ」

…私と健太は、そんな風にして始まった。




安心感と引き換えに…


付き合いが始まって半年が経つ頃、私と健太はとあるきっかけで一緒に暮らし始めた。

というのは、健太の勤め先は損害保険会社なのだけれど、私と出会う直前に本社に異動になったばかりだった。(それまでは千葉の営業店にいたらしい。)

真新しい業務と慣れない環境に追いつくため休日返上で仕事に励んでおり、彼はとにかく忙しかった。

仕事は応援しているものの、楽しみにしていた『アロマフレスカ』でのクリスマスディナーをキャンセルされたときに私はとうとう爆発して、その喧嘩の最中に健太から同棲を提案されたのだ。

結婚前の同棲に不安がないわけではなかったけれど、私は何より毎日健太に会えることが嬉しくて、年明け早々に彼の家に転がり込んだ。

どれだけ残業や接待で遅くなっても、毎晩必ず同じ場所へ帰るという安心感。その幸福は想像以上で、私たちは新婚さながら毎晩のように抱き合って眠った。

それから4年半。私たちは変わらずずっと仲良しで、磁石のプラスとマイナスのように、離れる日など永遠にこない、そう思っていた。

ある疑問を持つようになったのは、同棲後1年が経つ頃だ。

何か明らかな問題があったわけじゃない。私が変わったわけでも、健太が変わったわけでもない。私たちはただここ東京で生き抜くために、毎日をがむしゃらに生きていただけ。

忙しい日々の中で、毎朝毎晩存在を確かめずとも安らぎを得られるようになった頃、気づけば私と健太は、“プラトニックな恋人”になっていた。

▶NEXT:11月7日 火曜更新予定
誰にも相談できず悩みを深める美和子に、追い打ちをかける出来事が。