無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』の著者で国際関係研究者の北野幸伯さんがかねてから主張してきた、中国の大規模反日プロパガンダ「反日統一共同戦線」。これにより、中国の一番の目的は「日米関係の破壊」ということが明らかになりました。その罠にはまらないために、我が国は米中両国とどのように接していくべきなのかについて北野さんが解説してくださっています。

アメリカ、中国との距離のとり方

「日本には、尖閣だけでなく沖縄の領有権もない!」と宣言している中国。

習近平の2期目が始まります。彼の1期目、日中関係は大変でした。習が中国のトップになったのは、2012年11月。日中関係は、「尖閣国有化問題」で「戦後最悪」になっていた。

習は、大金をかけて「反日、反安倍プロパガンダ」を展開していきます。結果、安倍総理が2013年12月に靖国を参拝したとき、中韓だけでなく、アメリカ、イギリス、ドイツ、EU、ロシア、オーストラリア、シンガポール、台湾などなどが、これを非難した。安倍さんは、世界的に孤立させられたのです。

しかし、総理は、プーチン・ロシアの「クリミア併合」(2014年3月)で救われます。リベラル・オバマさんは、「右翼」「歴史修正主義者」の安倍さんが嫌いだった。嫌いでも「対ロシア制裁網」を築くために、和解せざるを得なかった。さらに2015年3月、「AIIB事件」が起こりました。アメリカの制止を無視して、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、スイス、オーストラリア、イスラエル、韓国など親米国家群が、中国主導AIIBに入ってしまった。唯一日本だけはAIIBに入りませんでした。

そして、2015年4月、安倍総理は訪米し「希望の同盟」演説をした。これで、日米関係は、オバマさんが「これほど強固だったことはなかった」というほど、良好になったのです。以後、安倍総理とオバマさんは、一貫していい関係でした。

オバマさんは、ここから「真のリアリスト」に生まれ変わります。ロシアと和解し、ウクライナ、シリア、イラン問題を次々と解決していった。そして、中国と対決する姿勢を明確にしたのです。2015年9月には、訪米した習近平を超冷遇しました。ついに、オバマ・アメリカは、「ロシアと和解して中国を封じ込める」という、リアリストの大家ミアシャイマーさん、世界一の戦略家ルトワックさんの戦略に沿って動きだしたのです。それで、安倍さんがプーチンと和解しても、大目に見てもらうことができました。

私たちは、トランプさんも、この戦略を継承してくれるものと期待していました。選挙戦中、トランプは、はっきりと反中国、親ロシアだったからです。2016年12月、トランプは、台湾の蔡総統と電話会談し、中国を激怒させた。私たちは、「ますます期待できるぞ!」と思った。

しかし、2017年になると、トランプさんはすっかり変わってしまいます。まず、「ロシア・ゲート」が盛り上がり、ロシアとの和解が頓挫した(トランプ自身は、いまだ親ロシアみたいですが)。そして、トランプは、はっきり中国と和解した。トランプの習近平評は、「彼は、いい奴だ!」「私(トランプ)は、彼(習)が大好きだ!」「彼(習)の奥さんもすばらしい!」です。

日米関係、日中関係の距離

中国の戦略の要は、「日米関係を破壊すること」です。そうすれば、容易に尖閣、沖縄を奪うことができる。ですから、日本は、ますますアメリカとの関係を深めていく必要がある。

しかし、もう一つ重要なポイントがあります。それは、「日中関係は、米中関係とパラレルでなければならない」。これは、何でしょうか?

たとえば、米中関係が悪化している。日中関係も、それに比例して悪化させる。たとえば、米中関係が好転している。日中関係も、それに比例して好転させる。日中、米中関係がパラレルでないと、何が問題なのでしょうか?

たとえば、米中関係が悪化しているにも関わらず、日中関係が大いに好転したとしましょう(パラレルでない)。こうなると日米同盟は破壊されます(鳩山さん時代を思い出してください。日米同盟は、総理がその気になれば、1年でボロボロにできるのです)。その後、中国は、楽に尖閣、沖縄をゲットできるでしょう。

次に、米中関係が好転しているのに、日中関係が悪化していたらどうなるでしょうか? たとえば、米中関係がいいのに、日本は「中国包囲網をつくろう!」と奮闘している。この場合も、結果は同じです。

アメリカ大統領は、日本の総理に言います。「わが国は、中国包囲網に参加する気はない。勝手にやってくれ!」。いわゆる「梯子を外された」状態です。こうなると、中国は、アメリカを気にせず尖閣・沖縄を奪うことができる。

常に米中関係を注視することが必要

このように、日中関係と米中関係は、パラレルであることが必要。ですから、日本は常に「米中関係の現状はどうなのかな?」と注意している必要がある。

現状、米中関係は悪くありません。「アメリカと中国は、北朝鮮問題で『ディール』を用意している」という噂が、あちこちで流れています。「米中が協力して北朝鮮問題を解決する」。これは、まさにキッシンジャーの提唱している「G2」、中国風にいえば「新型大国関係」です。

米中が一体化して北朝鮮問題を解決するのは、トランプにとっても習にとってもいいことです。特に習は、全世界に「中国はアメリカと並ぶ大国だ、二超大国が協力して、難問を解決した!」と宣伝することができる。こうなった時、日本は嫉妬せず、歓迎すべきです。安倍総理は、「トランプさんと習近平さん、二人の偉大な指導者のおかげで、日本は核の脅威から解放された。心から感謝する!」と大人の対応をする。

当たり前ですが、私たちの目的は「日本を守ること」です。もっと具体的にいえば、「尖閣、沖縄」を守ることです。できれば「戦争なし」で守りたい。だから、米中関係が好転したら、日米関係もそれなりに改善させ、中国に動く口実を与えないよう気をつけなければならないのです。

MAG2 NEWS