杉田祐一、ストレートで完敗し初戦敗退。今シーズンのATPツアーを終える[BNPパリバ・マスターズ]

写真拡大

「BNPパリバ・マスターズ」(10月30日〜11月5日/フランス・パリ/室内ハードコート)の初日、1回戦で杉田祐一(三菱電機)と予選勝者のフィリップ・クライノビッチ(セルビア)が対戦し、杉田が4-6、2-6とストレートで敗れ、初戦突破はならなかった。試合時間は59分。

両者は、今回がツアー本戦では初めての対戦。杉田は今シーズン、トルコ「アンタルヤ・オープン」で日本人男子としては3人目(松岡修造、錦織圭(日清食品)に続いて)となるツアー初優勝を果たし、今年飛躍の年となった。杉田は、この大会が今シーズンのATPツアー最後の大会となりそうだ。来シーズンの「全豪オープン」で本戦シードを狙うためにも、大切な大会だった。

◇   ◇   ◇

試合は、杉田が流れをつかみ切れない展開だった。

第1セットは杉田のサービスからスタート。杉田は出だしからサービスが好調、4本すべてファーストサービスを入れて、あっという間に第1ゲームをキープした。対するクライノビッチも、続くサービスゲームでファーストサービスをしっかり決めてきて、お互いに譲らない。

杉田は第6ゲームに最初のチャンスが来るも、ここはクライノビッチに阻まれる。すると直後のサービスゲーム、杉田は速いラリー展開を見せるもクライノビッチに食らいつかれ、逆にブレークを許す。

適時にサービスブレークしたクライノビッチがそのままリードを守り、杉田は第1セットを奪われた。

続く第2セットは、激しいラリー戦。バックハンドやフットワークが持ち味の両者が、我慢比べという展開。ところが杉田がサービスの第3ゲーム、0-40からラブゲームでブレークされる。杉田は何とか変化をつけたいところだが、クライノビッチのショットのコースや深さに苦しんでいるようだった。続く第5ゲームも攻めのセカンドサービスがダブルフォルトになり、またもブレークを許しゲームカウント1-4に。

杉田はやりたい事を、逆にクライノビッチにやられた格好となり、隙を与えてもらえず。最後までテンポの速いショットで食い下がるも、ストレートでの初戦敗退となった。

今年大いに飛躍した杉田。今大会は残念ながら初戦突破はならなかったが、来シーズンも更なる活躍を期待したい。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「BNPパリバ・マスターズ」1回戦で敗れた杉田祐一(「楽天ジャパンオープン」出場時のもの)
(Photo by Matt Roberts/Getty Images)