「体の関係は持っているのに、彼とは付き合えない……」
女性として、これほどツラいことはありませんよね。このままセフレで終わらずに、彼と付き合うことはできないのでしょうか?
そこで今回はに引き続き、「セフレから彼女になるための方法」についてご紹介します。さっそく見ていきましょう!

ギャップを作る

エッチまでしているのに、普段はほかの友達と何ら変わりなく接してくれる。
そのギャップを見ているうちに、だんだん彼女のとりこになっていく場合が!?

・ 「セフレ同士なのに、学校では普通に友達として話しかけてくれる。『あれ? 昨日の出来事は俺の夢だったのかな!?』なんて妙にその子のことばかり考えています」(20代/男性/学生)

▽ 「恥ずかしいから」「気にかけてほしいから」と逆にそっけない態度を取るのはNG。今までどおり彼と接することで、彼の心の中で変化が生まれることもありますよ。

すがりつかない

「付き合っていないのにエッチをした」ことに関しては、女性側にも責任があるはず。それなのにグチグチと文句を言われては、彼も面倒くさくなってしまうでしょう。

・ 「セフレってわかっていて関係を続けていたくせに、『エッチしたんだから付き合ってよ!』と泣いてせがまれたときはマジで勘弁してと思った」(20代/男性/人材)

・ 「どうしても彼と付き合いたくて、一度『私は○○君にとって何なの!?』とキレてしまったんです。そしたら『じゃあもうこの関係は終わりにしよう』と言われ、あっさり連絡先もブロックされてしまいました……」(20代/女性/学生)

▽ すがりつくほどに彼の心は冷めていってしまいます。どんなに悲しくて泣きたくなっても、彼の前ではガマンしましょう。

信用してもらえる自分を作る

最初はセフレとして始まった関係でも、「この子は信用できそう」と思ってもらえれば、付き合える可能性は高まるはず。

・ 「軽そうだと思っていたセフレが、意外と一途だとわかったとき。一気に好感度が上がりましたね」(30代/男性/アパレル)

・ 「俺が体調が悪いと伝えたら、ドリンクや食料を買い込んで家に来てくれた。『セフレなのにここまでやってくれるんだ……』って思ったら、ふとこの子を大切にしなきゃという気持ちになった」(20代/男性/商社)

▽ 彼が必要としてくれているときに、手助けをすることが大事みたいですね。
時間はかかるかもしれませんが、「この子はほかの女性とは違うんだな」と思ってもらえる日がきっと来るでしょう。

セフレから彼女になるのはなかなか大変ですが、「彼の身近な存在になれた」とポジティブにとらえることもできます。後は上手に駆け引きを使って、少しずつあなたに興味を持ってもらいましょう。
急がずに、コツコツ彼の心を動かすのが成功の秘訣といえそうです。