車内で音楽を聴くならUSB端子のBluetoothレシーバーがいい理由

写真拡大 (全4枚)

ドライブのお供に欠かせないのが音楽! でも、よくあるFMトランスミッター型Bluetoothレシーバーは、受診した音声をアナログ変換して再びFM電波で飛ばすので、ノイズは歪みが発生したり混信するなど、使い勝手の面ではあまりいいとは言えませんよね。

そこで登場したのがカーオーディオのUSB端子にワイヤレス接続するBluetoothレシーバー。デジタル接続なので混信などもなく、CDクオリティの高音質が楽しめます。

QUICCO SOUNDよりお目見えした「OKARA oc.1」。Bluetoothを搭載していないカーオーディオのUSB端子に挿し込み、スマホとBluetooth接続して音楽再生を行います。その仕組みは“仮想オーディオファイル技術”。「OKARA oc.1」上に、仮想的な音声ファイルを作成してカーオーディオ側に読み込ませ、スマホから連続的な音声再生を行う技術です。特徴は何と言っても高音質。デジタル転送ですから20KHzまで再生可能、しかも低ノイズでCD並みのサウンドを楽しめます。もちろん、コーデックはaptX、AACに対応していますよ。

設定も実にカンタン。カーオーディオのUSBに挿して、スマホとペアリングするだけです。しかもデザイン面では、車内インテリアを損ねないシンプルさ! 装飾を極限まで減らし、ペアリングスイッチさえも廃したミニマルなデザインです。ポリカーボネート製の本体は堅牢性、耐熱性もバッチリです。

これはありそうでなかったスグレモノ! 同時発売の「OKARA oc.1カーエディション」はエンジンスタートすれば自動再生しますから、スマホを取り出して再生操作の必要もなし。安全運転にもつながるはずです。

>> QUICCO SOUND「OKARA oc.1」

 

(文/&GP編集部)