新米を素早くおいしく食べる! 1分でできる簡単メニュー「丼ぶり」3種

写真拡大 (全6枚)

食欲の秋です。なぜそう言われるのか、理由は諸説あります。

食べものがおいしい季節である以外に、これから気温が低くなる冬に向けて、体力をつけるためという理由もあるようです。だから、自然と食欲が湧くんですね。

でも、仕事から帰ってくると、わざわざ料理するのは面倒。その手間を思うと、寝て体力を温存したほうがいいと考えるのも分かります。

そこでご紹介するのが、今回のメニュー。丼ぶりであれば、ごはんの上におかずをのせるだけ。食材によっては、不足しがちな栄養も摂取できます。3種類おぼえておけば、同じメニューの連続で飽きてしまうということもありません。

秋は新米のおいしい季節でもあるので、丼ぶりでたっぷり召し上がってください。

お刺身漬け丼

Photo: 大崎えりや

▼材料(1人分)

お刺身……50g

すりごま白……小さじ1

醤油……小さじ1

みりん……小さじ1

ネギ……適量

▼作り方

器にお刺身を入れ、醤油とみりん、すりごまと和える。 お茶碗にごはんをよそい、1を盛り付け、お好みでネギをのせる。

今回はお刺身盛り合わせを使いましたが、自分の好きなお刺身だけを使ってもいいですね。スーパーで売っている、切れ端の刺身などを使うとリーズナブルです。

すりごまが醤油を吸って味が絡むので、お刺身はあまり漬けずにすぐ食べても大丈夫。ごまの風味が加わることで、香ばしさに食欲がかき立てられます。秋らしい色合いで、見た目にも楽しめる一品です。

塩辛茶漬け

Photo: 大崎えりや

▼材料(1人分)

塩辛……大さじ1〜2

七味唐辛子……適量

▼作り方

お茶碗にごはんをよそい、その上に塩辛をのせる。お好みで七味唐辛子をふって、お湯を注げばできあがり。

塩辛のみのおかずに、ひと工夫。七味唐辛子をふってお湯を注ぐだけで、上品な一杯に仕上がります。塩加減は、塩辛の量で調節してください。

イカの食感が楽しめ、噛むほどに旨みが溢れ出します。唐辛子のピリッとした刺激も、良いアクセントに。お酒のあとのシメにも相応しい一品です。

黒胡椒そぼろ丼

Photo: 大崎えりや

▼材料(1人分)

牛豚合いびき肉……100g

麺つゆ(3倍濃縮)……大さじ1

粗挽き黒胡椒……適量

▼作り方

耐熱密閉器に合いびき肉を入れ、麺つゆと黒胡椒とともにスプーンでよく混ぜ合わせ、レンジで加熱する。1分ほどして取り出し、混ぜてからまた加熱してよく火を通す。お茶碗にごはんをよそい、お好みで2をかけてできあがり。

お肉でガッツリ。男性向けのメニューです。黒胡椒が肉の臭みを消してくれるので、気になる方はたっぷりかけてもいいですね。

肉汁あふれるジューシーさがたまりません。黒胡椒のスパイシーな香りが食欲をそそり、思わずかきこみたくなる一品です。マヨネーズをかけるとちょっと照り焼き風になるので、こちらも試してみてください。

お腹が空いているときに食べるものこそ、最高においしく感じるもの。だから、こういった時間をかけずにできるメニューはお勧め。それに丼ぶりなので、ごはんの量は調節でき、食べたいぶんだけ食べられます。3種のなかから、その日の気分でお選びください。

せっかくの食欲の秋ですから、おいしいものをたくさん食べて、明日への活力を養いましょう!

レシピ・文/オガワチエコ

料理研究家。ル・コルドン・ブルー、東京會舘クッキングスクールで料理と製菓を学ぶ。著書に『彼の家に作りに行きたい!純愛ごはん』(セブン&アイ出版)、『おにぎらずの本』(泰文堂)など。道具も調味料もない彼の家で、いかに間単に失敗なく美味しい料理を振舞うかに特化したレシピ本になっている。2015年9月11日には新刊『スティックオープンサンドの本』を出版。

Image: 大崎えりや