【警告】甲府=小椋(61分) 神戸=なし
【退場】甲府=なし 神戸=なし
【MAN OF THE MATCH】ハーフナー・マイク(神戸)

写真拡大 (全2枚)

[J1リーグ31節]甲府2-3神戸/10月29日/中銀スタ

【チーム採点・寸評】
甲府 5.5
90分を通じて互角以上の内容を見せたが、最終ラインが失点に直結するミスを連発。2度勝ち越しつつ逆転負けする苦い展開だった。

【甲府|採点・寸評】
GK 
1 河田 晃兵 5
2失点目はまず足を滑らせてしまい、新井との連係もチグハグだった。慎重な位置取りも裏目だった。
 
DF
5 新里 亮 6
ハーフナーとの空中戦で圧倒され、2得点を許す。そこはミスというより能力差で、上げられた時点で苦しい。
 
8 新井涼平 5
2失点目は大槻の単純な突進に押し込まれ、入れ替わりを許し、しかもクリアできるのにしなかった。
 
6 エデル・リマ 5.5
攻撃面の強みが出ず、位置取りもルーズ。好調時とは比較にならない凡庸なプレーで、コンディションに不安を感じさせる内容。
 
22 小出悠太 6
1点目は彼のインターセプトからで、2得点目のアシストも。特に前半は高い位置取りでサイドから押し込んだ。
 
35 高野 遼 6
利き足の左でJ初ゴールを決めたが、2失点目の安易な飛び込み、3失点目の位置取りと守備に難点あり。

MF
40 小椋祥平 5.5(82分OUT)
前半は持ち味の鋭い球際を見せつつ、セカンドの争奪で圧倒。カウンターの起点になった。ただ後半に埋没。
 
2 島川俊郎 5.5
前半は豪雨で浮き球を上手く使い、左右両サイドに良いパスを出した。しかし2失点目は自身のミスが絡んだ。
 
14 田中佑昌 5.5
前線に飛び出しつつ自陣で潰しに行く献身性は見事。ただ「3人目のアタッカー」が今季無得点では苦しい。
 
FW
39 リンス 6.5
足もとの悪い中でもまったくバランスを崩さず、先制点も決めている。黒木との連係も問題なかった。
 
20 黒木聖仁 6(82分OUT)
空中戦、少ないタッチで味方を活かすポストプレーなど、ドゥドゥにない強みを出した。1点目のアシストも。
 
交代出場
DF
3 畑尾大翔 ―(82分IN)
新井がボランチに上がったことで、最終ラインに入ったが、そこから決勝点を許してしまった。
 
FW
13 河本明人 ―(82分IN)
90分に絶好の決定機を迎えたが、打つタイミングを逸して相手にストップされている。
 
監督
吉田達磨 5.5
神戸のポゼッションに対してはいい組織を作れていたが、ロングボール、クロスに切り替えた相手に手を打てず。
 
【チーム採点・寸評】
神戸 6.5
試合の入りは惨憺たる内容だったが、ゲームプランを修正。悪環境への適応、チームとしての粘りを見せて逆転勝ちに成功した。
 
【神戸|採点・寸評】
GK
18 キム・スンギュ 6.5
2失点は喫したものの、機動力で甲府の「裏」へのフィードをよくカバー。スピードのないCB陣を助けた。
 
DF
34 藤谷 壮 6
彼自身のアシストは無かったが、スピードを生かしたスプリントで甲府の左サイドを受け身に立たせた。
 
5 岩波拓也 6.5
プレスを受けても、水含みの中でも好フィードを連発。位置取りや1対1の対応も安定していた。
 
3 渡部博文 5.5
1失点目につながった弱いパス、脇の抜け出しに対する弱みを露呈。ただ得点に直結する破綻は起こさず。
 
6 高橋峻希 5(58分OUT)
大外でボールを集めたが、攻撃面の強みを出せず、守備ではボールロストから1点目のカウンターを招いた。
 
MF
16 高橋秀人 6
展開的にボールを持つ場面は少なかったが、DFと挟む、スペースを埋めるといった対応で貢献した。
 
14 藤田直之 6
運動量で攻守を下支え。ピッチコンディションに合わせて外、裏をシンプルに生かした。