前方だけでなく後方も撮れるドライブレコーダーで万全を期す!

写真拡大 (全5枚)

最近、にわかに注目を集めているドライブレコーダー。運転中、前方に見える他車や歩行者の様子を記録しておくことが、トラブル回避につながるわけです。しかし、欲をいえば後方の記録も残したいですよね。

スマホを見ながら運転する前方不注視の車に後ろから追突されたり、後方から強いハイビームを受けて、自分の運転がふらついたり……。そこで、前方も後方も映像を録画保存できるレコーダーが味方になってくれますよ。

最新の画像技術をはじめ、安全運転支援機能にも対応したドライブレコーダー「CSD-690FHR」が、自動車アイテムメーカーのセルスター工業から発売されました。高い品質を守りたいと、部品ひとつから基盤や組み立てに至るまで、国内生産にこだわっているそうです。

その特徴は、前方と車内(後方)を同時に録画できる「ツインカメラ」。つまり、前後をばっちり撮影なカメラです。撮影範囲も車内カメラ可動範囲(上下30度)により任意に設定が可能。暗視性能も向上しており、赤外線LEDで夜間、車内が暗くても明るく撮影できます。

映像のクオリティもすごい! SONY Exmor R CMOSセンサー採用のSTARVISモデルで、録画画質(200万画素)にこだわっています。フルハイビジョン撮影だから道路標識や前の車のナンバープレートまではっきり映ります。また、ナイトビジョン搭載で夜間・トンネル内など少ない光量でも映像が記録でき、HDR(ハイダイナミックレンジ)による画像合成技術で急激な明るさの変化が発生しても、白とびや黒つぶれを低減して録画します。

そして「安全運転支援機能」を搭載しており安全性もサポート。停車中の監視を行ってくれる「パーキングモード」もあり、駐車中の車上荒らしやいたずらをしっかり記録してくれます。

価格はオープンですが、3万円前後になりそうです。なにかあってからでは遅いですから、もしもに備えて導入を考えてみてはいかがでしょうか。

>> セルスター工業「CSD-690FHR」

 

(文/&GP編集部)