使用しない食器は容赦なく捨てるべし

写真拡大

【写真】意外に悩む冷蔵庫のチューブ置き場は吊るすことで解決

調理器具や調味料などで散らかってしまいがちなキッチン周り。整理されていた方が使いやすいということを分かってはいるものの、毎日使っているうちについつい物で溢れてしまいます。そこで今回は、カリスマ主婦のキッチン片づけ術を紹介していきましょう。

 

■ 容赦のない“整理整頓”に視聴者釘付け!

10月20日放送の「スッキリ」(日本テレビ系)に、カリスマ主婦の“おさよさん”が登場。“物だらけキッチン”に悩んでいる一般家庭を訪れ、様々な片づけ術を教えてくれました。

まずおさよさんが手を置つけたのは、ストックされている乾物類の整理。“賞味期限切れ”など捨てる基準がわかりやすいので、手っ取り早く物を減らすことが出来ます。乾物類の整理をする際には、「外箱は捨てる」というのも重要なポイント。箱自体がスペースを取ってしまうので、中身だけを取り出し保存袋に移してしまいましょう。

ビンや缶などの資源ゴミは、エコバッグを組み合わせた収納ボックスに入れて玄関に保管。キッチンの物が少なくなり、ゴミ捨ても楽になります。そして、収納場所を土などで汚してしまう根菜類は紙袋に。汚れたらすぐに取り換えられるので掃除要らずです。

使わない食器が場所を占領してしまう“食器棚”は、必要なものだけを分別してあとは処分。この時に「毎日使うもの・月1回は使うもの・年に数回使うもの」の3段階に分類し、使用頻度が低い食器は取っ手付きの収納グッズに入れて上の棚に収納します。

カリスマ主婦の様々な片づけ術に、視聴者からは「おさよさんの容赦のない“処分”が素敵! どんな片づけでも物を捨てないと何も始まらないよね!」「片づけたい心に火がついて勢いでキッチンを綺麗にしちゃった」「おさよさんうちにも来てくれないかな〜」「師匠と呼ばせてください!」との声が続出しました。

 

■ 主婦たちのキッチン片づけ術

キッチンの片づけ術に関しては、一般の主婦たちも負けてはいません。ネット上を見てみると「マグネットで壁にくっつけられるケースが100円ショップで売ってるけど凄い便利!」「棚を籠とかで仕切ると散らからなくて整理しやすい」「キッチンの整理ってかなり“勢い”が大事。『片づけるぞ!』じゃなくて『捨てるぞ!』って心構えでやると捗る」との声が寄せられており、みなさん様々な工夫をしています。

中でも「冷蔵庫」の整理に力を入れている主婦が多い模様。例えば“ワサビ”や“からし”といったチューブ状の調味料の整理に関しては、「ペン立てを冷蔵庫に設置してその中に入れてる」「綿棒が入ってる容器を再利用するのがおススメ」といった声が。他にも冷凍庫を縦収納に変える“ブックスタンド”など、身近な日用品を使って整理している人が多いようです。

なかなか大変なキッチンの整理整頓ですが、綺麗にすることで毎日の料理がより楽しくなるかもしれませんよ。