台湾の台北市立動物園で、木を保護するための電線にパンダが誤って接触したとして、ネット上に動物園側を批判する声が上がっている。

写真拡大

台北市立動物園で、ジャイアントパンダの「団団(トワントワン)」、「圓圓(ユエンユエン)」、「圓仔(ユエンズ)」の一家三頭は押しも押されもせぬスーパースター。そんなジャイアントパンダをめぐって、あるネットユーザーがこのほど、会員制SNSで、「動物園には新しく植えられた木を囲むように赤い電線が張られている。数日前には、『圓圓』が誤って電線に接触して慌てて室内に逃げ込んだと聞き、思わず手に汗を握った」という内容の文章を投稿した。台湾の中時電子報の報道を引用して中国台湾網が伝えた。

このネットユーザーの投稿によると、動物園側は最近新しく植えた木を囲むように赤い電線を張りめぐらせているということで、「団団」と「圓圓」はいずれも、この数日ほどの間に、この電線に接触したという。特に「圓圓」は、電線に接触後、すぐに室内に逃げ込み、出てくるのを嫌がっているようだとしている。ネットユーザーは、「動物園で飼育されている動物も戸外で自由に過ごす権利があり、このように電線を張る動物園側のやり方は、まったく常識外れだ」と動物園側を批判した。

台北市立動物園の金仕謙・園長は、「団団と圓圓が活動している戸外運動場の近くに、新しく数本の木を植えたことは間違いない。彼らがそれらの木に登って木が傷つかないように、木の周囲に電線を張った。2頭とも電線に接触したが、それが原因で室内から出ようとしなくなったということは決してない。戸外で活動する際に、もうそれらの木には近づこうとしなくなっただけだ」と釈明した。(提供/人民網日本語版・編集KM)