ゾゾタウンが「送料自由」を終了、11月から一律200円に

写真拡大

 スタートトゥデイが運営するファッション通販サイト「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」が、試験導入している「送料自由」を10月31日で終了する。これに伴い、11月1日正午から購入金額に関係なく送料を一律200円(税込)に設定することを発表した。
 「送料自由」は0円〜3,000円まで利用者が自由に価格を設定できるサービスで、10月1日から試験導入。10月24日には、設定された送料の平均は税込96円で、送料0円が設定された注文の割合は全体の43パーセントという調査結果を発表した。この結果を受け同社は「送料は無料が当たり前」という認識と「送料は有料であり、相当の負担をして当然」という認識が半数ずつ存在していることから、両意見を平均した100円程度の送料が望ましいと判断。11月から全商品を対象に送料を200円に設定しつつ、有料に対する社会的認知を広げながら、100円程度の送料負担に近づけるよう物流全般の効率化や機械化を図っていくという。