<ハロウィーン本番を控えトランプの皮肉が冴えわたる。相手が子供だろうが関係ない>

秋の収穫を祝い、悪霊を追い出す宗教的な意味合いのあるハロウィーンが10月31日の本番に向けて盛り上がりを見せる。例にもれず、ドナルド・トランプ米大統領のもとにも、思い思いの仮装に身を包んだ子供たちがやってきた。

ホワイトハウスでは毎年、ホワイトハウスを担当する報道関係者の子供が招かれ大統領とのひとときを楽しむ。

トランプはにこやかな様子で大統領執務室に子供たちを招き入れた。日ごろ、子供たちの親が働くメディアとの関係は決して良好とは言いがたいが、子供相手に暴走することはさすがに考えにくい。イベントは和やかに進むと思われた。

しかしトランプは強かった。大統領のデスクを取り囲んだ子供たちに語りかける形で、間接的にメディアを皮肉った。

英ミラー紙によると、レイア姫やキャットウーマンに扮した子供たちが揃うと、お菓子を配りながら「メディアのやつらにこんな可愛い子供がいるなんて信じられない」と口火を切った。苦笑いしつつも大人な対応を見せる周囲の心配なんて露知らず、トランプのジョークは止まらない。

そしてトランプはまた墓穴を掘るところだった。トランプはお菓子を渡しながら「まあ、君たちの体重に問題はなさそうだ。そうだよね?」と言った。

(「まあ、君たちの体重に問題はなさそうだ。そうだよね?」)

ニューズウィーク日本版ウェブ編集部