モテを狙っているつもりなのに、逆に男から敬遠されてしまう……なんて、“残念な女”が辿る道。恋愛模様研究家である並木まきが、モテを狙っているのに実はモテを逃している女子像に迫ります。

文・並木まき

【その努力ムダです!実は「モテを逃している」痛い女の特徴 #9.Facebookで自己ブランディングする女】

自分を知ってもらいたい女たち

「今日は大御所のA山B男さんと、夕食をご一緒しました! 私が20代の頃からお世話になっている恩師。2時間ほど“仕事とは何か”という深いお話をさせていただきました! 日々、勉強!」

「おはようございます。私は今朝も心の声を聞いて、木々を見つめながらゆっくりと深呼吸しています! 皆さんも、毎朝、木々を見つめながら呼吸していますか?」

Facebookの投稿を活用して、このように“自己ブランディング”に励んでいる女性を時折、見かけます。

多くの人に、“私ってこんな人!”というのを、手軽に伝えることができる手段のひとつがSNSです。仕事や出会いに繋げたい……という意図が見え隠れします。

ところが! そんな女性に対する、男たちの意見の中にはかなりシビアなものも。

投稿を見て自己主張にゲンナリする男たち

「“私を見て!感”がすごい。俺の知人で、毎晩世間に対する“怒り”を投稿する女性がいます。書いてることはごもっとも。でも、『これってFacebookで言うことか?』というのが正直な感想。最近は煩わしすぎて、彼女の投稿はタイムラインに表示されないよう設定しました。友達から外すと、角が立ちますからね」(30代後半/スポーツ関係)

「『自己主張激しいな〜』って思います。異業種交流会で出会った、ナチュラルライフを謳歌している女がいるんですけど、顔は可愛いのに、投稿がとにかく痛い。天然酵母パンを焼いたとか、雨を眺めて1日過ごしたとか。最初は“いいな”と思っていましたが、日が経つうちに“行き過ぎだな”って感じ始めて……。そろそろ、友達からも外そうかと思ってる」(40代前半/会社員)

自己ブランディングは“やりすぎ”の域に達した時点で、非モテに転落。

“私はこんな人”“私ってこんな素敵な毎日を送っているの!”というのをアピールしたくて投稿しても、確かに“知ってはもらえる”ものの、「いいな〜」「素敵だな〜」といった感想を抱く男は少ないようです……。

自己ブランディングはほどほどに!

今回のテーマを書くにあたり、複数の男に意見を求めたところ、9割以上が否定的でした。

“特定の男に自分のことを知ってもらいたい”というものから、“仕事に繋げたい”というものまで、投稿目的は様々かと思います。

「男は見えそうで見えない感が好き」とよく言われますが、すべてをさらけ出すかのような“SNSでの自己ブランディング投稿”は、恋愛においては逆効果。くれぐれもご注意を……!

(C) fizkes / Shutterstock(C) Pushish Images / Shutterstock(C) Lucky Business / Shutterstock