平昌五輪で金メダル争いに絡んでくる実力をつけてきた宇野昌磨が、10月28日に行なわれたグランプリ(GP)シリーズ第2戦のスケートカナダで男子シングルを初制覇した。前日のショートプログラム(SP)で首位だった宇野は、この日のフリーでも2位に27.05点差をつける197.48点で1位となり、合計301.10点で優勝を飾った。これで昨季のスケートアメリカ以来、GPシリーズは3勝目となる。


フリー演技も首位で、圧倒的な差をつけて優勝した宇野昌磨

「多分、傍(はた)から見れば満足していない演技だったと見られるかもしれないですけども、僕のなかでは割と満足していて、昨日のSPがすごく体が動いて気持ちも上がったのに比べると、今日は昨日の半分くらいしか動けていないし、気持ちも上がっていないわけではないんですけど、すごい平常心すぎて何も感じていないという感じでした。ただ、その状態にしてはやりたいことがちゃんとやれたので、よかったかなという思いです」

 フリーは冒頭の4回転ループをきれいに跳んだ。しかし、次の3回転ループは回りすぎて前のめりになり、手をつきそうになるミスを出して苦笑い。プログラム後半最初のジャンプだった4回転フリップは着氷が詰まって回転不足となり、4回転トーループでは軸が斜めのまま降りてしまい、両手をつく失敗だった。ジャンプにやや精彩を欠いたが、それでも、今大会の目標に掲げていた3つの連続ジャンプは、しっかりと成功させた。調子が悪い中での挑戦にも関わらず、終盤の連続ジャンプにはいずれもGOE(出来映え)加点がつき、最後まで粘りのパフォーマンスだった。
 


「今日はもう疲れていましたね(笑)。全然滑らないなと思っていました。体が疲れている状態で自分なりの演技ができたので、ここでできなかったものに関しては試合が悪かったのではなくて、これまでの練習で、まだまだ仕上がっていない状態だからです。

 本番のリンクに立ったとき、きついのはわかっていたので全力を出そうと思いました。明日は試合がないので全力を出して、ここで死ぬつもりで頑張って耐えようという気持ちで、全部(のジャンプを)耐えましたね。やりたいことはできたかなと思いますが、全然動かないし、全然滑らなくて、ずっと自分の足に動けーと言い続けていました」

 この日の疲れの原因は、前日のSPでアドレナリンを出しすぎて、体を動かしすぎたことが原因かもしれない。いつも以上のパワーとエネルギーを放出してしまい、そのダメージが疲れを誘発して、フリー演技に影響を及ぼしたのではないだろうか。ただ、滑り始めて疲れを感じ取った19歳は、それでも大きく崩れることなく、しっかりと演技をまとめる底力を発揮してみせた。

「いつもの練習でこのような(疲労を感じる)ことがあったら途中で止めていたこともあり、今回(初めて)演技のきつさを感じました。まだまだ(プログラムやコンディションが)仕上がっていない証拠かなと思いました」

 GP初戦となった今大会では、SP103.62点、フリー197.48点、合計301.10点をたたき出した。国際スケート連盟(ISU)公認大会でみると、SPでは昨季の四大陸選手権以降、今大会まで5試合連続で100点超えの得点をマークしている。合計点では昨季の世界選手権以降、4試合連続で300点超えを記録し、自他ともに認める実力者になったと言っても過言ではないだろう。


「SP同様にいまできる満足いく演技はできた。ただ、体力がとても足りない。それが今回見えた一番の課題かなと思いました。今季はSPをやった翌日にフリーがあるハードな大会日程が多いから、今後はしっかりと練習で頑張っていきたい」

 まだ10代ながらも、取り組んでいる内容はシーズンを重ねるたびにハードになっていることは間違いない。シニアデビューした一昨季よりも、また躍進を遂げた昨季よりも、確実にレベルアップを図ってきた。それだけに難易度の高い演技を最高のパフォーマンスで見せるために、やはり「体力の強化」が必要というわけだ。

「合計300点をコンスタントに出せるようになったというのは、去年からの自分の成長の表れかなと思いますし、それとこのフリーに関しては昨季と何ら変わりのないジャンプ構成でやっているので、それでもこのような点数を出せるというのは、(1.1倍となるプログラム後半に)コンビネーションジャンプを跳んだからかなと思います」

 前を走る五輪王者・羽生結弦の世界歴代最高得点には、いまはまだ一歩及ばない。だが、昨季からぐんぐんと上昇気流に乗って成長し続けている宇野が今季、戦うごとにどんな変貌を遂げるのかは楽しみなところ。シーズン初戦のロンバルディア杯で見せた演技内容と自己ベスト更新に始まり、このスケートカナダでの戦いぶりからも、伸びしろがまだまだあることを十分伺わせた。

Sportiva フィギュアスケート特集号
『羽生結弦 いざ、決戦のシーズン』
好評発売中!


★詳しくはこちらから>>

■フィギュアスケート 記事一覧>>

■フィギュアスケート特集ページ>